映画『大河への道』歩幅で測量から地図を描くまで“偉業”の一端が垣間見える本編映像(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の中井貴一が企画・主演、松山ケンイチ、北川景子らが共演する映画『大河への道』(公開中)より、伊能忠敬(いのう・ただたか)の亡き後、その志を受け継ぎ日本地図の完成に向けて尽力する伊能隊を映した本編映像が解禁となった。

【動画】伊能隊の測量からの地図制作がわかる本編映像

 日本で初めて精密な全国地図を作った歴史的英雄、伊能忠敬と、彼の思いを継いだ名もなき人々の道のりが200年の時を経てひも解かれる――落語家・立川志の輔の新作落語を、中井、松山、北川らキャスト陣が一人二役で現代パートと江戸時代パートを演じている本作。

 解禁となったのは、伊能忠敬が測量し切れなかった地域の測量に臨む伊能隊の姿と、その測量で得た数値を地図に落とし込む、まさに【日本地図完成の舞台裏を支えていた名もなき者たちの道のり】を描いたシーン。

 日本初となる地図「大日本沿海輿地全図」は、現行の日本地図と比較しても、その誤差わずか0.2%。衛星も何もない200年前の江戸時代に、驚異の正確性を誇る地図を地球1周分の距離を歩いて測量し、日本地図を完成させた伊能忠敬とその部下たちが成し遂げた偉業の一端が垣間見える映像となっている。

 そして、その測量結果を地図に起こす場面では、「まず、測量したデータを下図に落とし込み点と点を結んで海岸線を描く事から始まる」と当時の制作工程を説明するナレーションが入っている通り、膨大な測量データを地図に起こしていく様子を映しており、途方もない緻密さが伴う作業だった事が映像からも見て取れる。

 伊能忠敬の想いを継ぐ名もなき者たちの道のりが200年の時を経て、明らかとなる、笑いあり、涙ありの日本史の常識をひっくり返す真実と、キャスト陣のコミカルなやり取りが笑いを誘い、卓越した演技力によって生み出される人間ドラマが涙を誘う。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。