映画『鋼の錬金術師 完結編』“スカー”新田真剣佑、2時間かけた傷メイクなど裏側を語る(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』2部作より、主人公エドの命を狙うスカーを演じる新田真剣佑のメイキング映像とインタビューが解禁された。

【動画】映画『鋼の錬金術師 完結編』新田真剣佑“スカー”特別映像

 本作は、荒川弘の人気漫画を実写化し、2017年12月公開された『鋼の錬金術師』に続く、2部からなる完結編。前編『復讐者スカー』は、原作でも人気のキャラクターである、“傷の男(スカー)”が中心になる物語。後編『最後の錬成』は、原作のクライマックスシーンである“お父様”との戦いと、その後のエドとアル、そして仲間たちを描き、まさに完結編のタイトル通り、最終話までを描き切る。

 今回解禁されたのは、主人公エドの命を狙うスカーを演じる新田真剣佑のメイキング映像とインタビュー。映像は、スカーがエドと迫力の戦いを繰り広げるシーンのメイキングと、新田が「とにかくスカーという人物を勉強して、どういうキャラクターで、どれほど重要なキャラクターなのか、というのを最初脚本を読みながら勉強してましたね」と語る姿を収めている。

 新田は原作でも高い人気を誇るスカーについて「自分なりの正義があって、それを貫こうとする。そして自分の中にある芯がすごく強い。ただ悪いだけじゃなく、いかに魅力的に見せられるかを考えながら演じた」とコメント。象徴的な顔の傷も「毎日2時間ぐらいかけてメイクをした。スカーは英語で《傷》。あれがなければスカーじゃない。特殊メイクの時間も役を作る上で大切な時間だった」と振り返る。

 主演の山田とは本作が初共演。現場での山田について「綺麗でした。初日に『日本で一番綺麗です』って告白した」と笑いながら出会いのエピソードを明かす。「敵対する役は仲がいいほど演じやすい」という新田は、初日からその人懐っこさで山田との距離も縮めたようで、戦いのシーンでも絶妙なコンビネーションを見せていた。メイキングにはそんな二人が、カットがかかると揃って映像をチェックする姿も。その真剣なまなざしからは、彼らの本作への深い思い入れが感じられる。

 今回の完結編の撮影現場では巨大なオープンセットが組まれ、新田も現場に入った瞬間にワクワクしたそうで「“街だ!”と思った。床から壁から…オープンセットに再現された世界観に助けられた」と述懐。グリーンバックでの撮影も多かったが、「監督のイメージするものを細かく説明してもらって、僕も100%理解して演じた。コミュニケーションが取れていたので想像していたものが撮れたと思うし、やりやすい現場だった」と、自身の演技の出来に自信をのぞかせた。

 映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』2部作は、前編『復讐者スカー』が5月20日、後編『最後の錬成』が6月24日より公開。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。