時は西部開拓時代、DisGOONie次回作「Little Fandango」萩谷慧悟・長妻怜央がW主演(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

DisGOONie Presents Vol.11舞台「Little Fandango(リトル ファンダンゴ)」が、6月10日から19日まで東京・EX THEATER ROPPONGI、7月2・3日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演される。

【画像】舞台「Little Fandango(リトル ファンダンゴ)」メインビジュアル(他1件)

西田大輔が作・演出・プロデュースを務める本作は、DisGOONieにとって11作目の舞台作品。アメリカの西部開拓時代、21人を殺して21歳で生涯を終えた“悪童”ビリー・ザ・キッドの伝説を中心に、ニューメキシコ州の街に生きた少年たちの運命と、隠された歴史が描かれる。出演者にはW主演を務める7ORDERの萩谷慧悟と長妻怜央のほか、渡辺みり愛、校條拳太朗、山口大地、内堀克利、村田洋二郎、大海将一郎、吉川友、中村嘉惟人、横井翔二郎、瀬戸利樹、萩野崇、松田賢二が名を連ねた。

萩谷は「今回の作品が西部劇ということで、あまり演じる機会が少ない世界を この座組みで挑戦できるのが楽しみです! 人の信念と正義、さまざまな解釈を皆様に楽しんでいただきたいです」、長妻は「出させていただくからには全力の全力投球でやらせていただこうと思っています! 見ていただいた方の心にブッ刺さるような作品にしていけるように頑張りたいと思います! よろしくお願いします!」とコメントした。チケットの一般販売は5月14日10:00にスタート。

■ 萩谷慧悟コメント
3年前にvol.7で初めてディスグーニーに乗船し素敵な仲間と出会ってからまたあの船に乗りたいと願っていましたところ、こうして再び乗船できて嬉しく思っています。

今回の作品が西部劇ということで、あまり演じる機会が少ない世界を

この座組みで挑戦できるのが楽しみです!

人の信念と正義、さまざまな解釈を皆様に楽しんでいただきたいです。

■ 長妻怜央コメント
ディスグーニーさんとの出会いはDECADANCEという作品でした。

その作品をやらせていただいてからお芝居に対する考え方だけではなく、

僕の根本の部分が変わった作品に出会えたと思いました!

そんなディスグーニーさんにそれも主演という形で出させていだけることを本当に光栄に思います!

出させていただくからには全力の全力投球でやらせていただこうと思っています!

見ていただいた方の心にブッ刺さるような作品にしていけるように頑張りたいと思います!

よろしくお願いします!

■ 渡辺みり愛
DisGOONieさんの舞台は今までに何人かメンバーも出ていて、

私が今回出させて頂けることがとてもびっくりで不安ですが、誠心誠意努めてまいります。

この舞台を通してまた新たな表現を身に付けたり、色々な発見が出来たらいいなあと思っています。

是非、沢山の方々に見に来ていただきたいです。宜しくお願い致します!

■ 西田大輔コメント
また力強く、ディスグーニーの航海が始まります。

物語は、西部開拓時代。今から150年前のフロンティア精神溢れるアメリカ。

困難の中で何かを産み出そうともがく、ならず者たちの生き様を、

若き彼らと精一杯描いてみようと思います。

荒波を越えるような想いを一緒に。

■ 舞台「Little Fandango(リトル ファンダンゴ)」
2022年6月10日(金)~19日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

2022年7月2日(土)・3日(日)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

作・演出・プロデュース:西田大輔
出演:萩谷慧悟、長妻怜央 / 渡辺みり愛、校條拳太朗 / 山口大地、内堀克利、村田洋二郎 / 大海将一郎、吉川友、中村嘉惟人、横井翔二郎 / 瀬戸利樹 / 萩野崇 / 松田賢二 ほか

コメントは受け付けていません。