最新メイクトレンドは“黒目”から“白目”重視へ パーソナル化進むコスメ需要にメーカーも暗中模索(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

カネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE(ケイト)」が、昨年新たに“白目強調アイライナー”『リアルアイズプロデューサー』を発売。これまではアイライナーやつけまつ毛、カラコン等、手法はトレンドによって変化しながらも、いかに“黒目”を強調するかという試行錯誤の延長線にあった。しかし最近は、より自然に目を大きく見せる手法として“白目”強調がトレンドになりつつあるというのだ。コスメ選びも「パーソナルカラー診断」から始める人が増えるなど、ますます需要の細分化・多様化する中で、各化粧品メーカーも暗中模索しているようだ。

【動画】本当にデカ目に見える? ”白目強調アイライナー”ビフォーアフターで比較

■黒目を大きくしすぎると「宇宙人みたい」 より自然さ求め、“白目強調”で目幅を拡張

 前代未聞の“白目強調”アイライナー『リアルアイズプロデューサー』は、SNSの声から生まれた。

「SNSでリサーチしていた中で、皆さんの“なりたい顔”が多様化していることが分かりました。その中で小松菜奈さんのように、黒目を強調しなくても目を大きく見せたいというニーズも一定層あると感じたので、白目を強調して大きく見せることで、小顔に見せられる商品を開発しました」(KATE・若井麻衣氏/以下同)

 昨今の目を大きく見せる手法として、黒色のカラコンを使用する手法が少し前のトレンドとしてあったが、黒目だけを大きく見せると“不自然”、“宇宙人みたい”という声もあったことから、近年は、より自然に目元を印象付けるメイクへシフトしつつあるそうだ。

「以前は、人形のように黒目を大きく見せたり、目元だけを強調したメイクが主流でしたが、昨今は、より自然さを求め、顔全体のバランスをとって小顔に見せるメイクに流れてきている傾向があります。黒目を強調したメイクはインパクトこそありますが、目の幅自体は拡張できないので、白目を拡張することで、自然に目幅全体を大きく見せ、さらに白目を下に広げることで中顔面を短縮し、顔全体を小さく見せるという手法です」

 これまでも白いアイライナー自体はあったが、今回こだわったのは、自然な色味である。昨年11月に発売された『リアルアイズプロデューサー』は、白目強調ラインの“アイボリーカラー”と偽造粘膜ラインの“ニュアンスピンクカラー”の2色が1本になっている。

「既に市場に白いアイライナー自体はあったのですが、白目を拡張するためのものではなかったので、より一体感を出せるように、今回、白目の色を忠実に再現する点にこだわりました。“ニュアンスピンクカラー”に関しては、粘膜の色を再現するためにくすみのあるピンクにしているのがポイントです。黒目の下から目尻に向かって真横に引くことで、自然な垂れ目ラインを作ることができます」

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。