木村拓哉、ついに“覚醒” 『未来への10カウント』第6話から観ても大丈夫な理由(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

木村拓哉主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『未来への10カウント』(毎週木曜 後9:00)が、12日放送の第5話で急展開を見せた。いや、急展開というより、“初回”として観ても“あり”な内容だった。メインキャストの一人として、制作発表記者会見にも出席していた村上虹郎が初登場。亡くなったはずの“最愛の妻・史織”と同じ顔の女性(波瑠)まで現れたのだ。第6話(19日放送)から観ても大丈夫というのは、役者がやっとそろって“これから感”が半端ないからだ。

【画像】『未来への10カウント』第5話の場面写真

 同ドラマは、木村が演じる《一度希望を失った男・桐沢祥吾》が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツドラマ。『HERO』シリーズ(2001~15年)や『CHANGE』(08年)でタッグを組んだ脚本家・福田靖氏と7年ぶりに連携し、《学園スポーツドラマ》に初挑戦すると話題を集め、第1話の視聴率は11.8%(世帯平均視聴率/関東地区、以下同)を獲得した。

 桐沢は、高校時代にボクシングで4冠を達成するも、大学2年時に網膜はく離を患い、ボクシングを断念。その後も何とか気持ちを切り替えて新しい人生をスタートさせた矢先、愛する妻を病気で亡くした上、さらなる不運に見舞われ完全に打ちのめされてしまった。現在はまさに人生のどん底…。ピザのデリバリーのアルバイトで食いつなぎながら、「いつ死んでもいい」と口にする毎日を送っていた。

 そんな彼をなんとか再出発させようと、高校時代からの親友・甲斐誠一郎(安田顕)や恩師・芦屋賢三(柄本明)が動き、桐沢は後ろ向きながらも母校・松葉台高校のボクシング部でコーチを請け負うことになる。

 初回で「その先に何が起きるか」の期待が持てないと、いろいろ忙しい今どきの視聴者は即、離脱してしまうテレビドラマ。初回の桐沢に笑顔はなく、表情も声もずっと暗くて、チンピラに絡まれてもやられるがままの無気力ぶり。木村自身も「ここまで物語のスタート時点で腐っている人間は、これまで演じたキャラクターの中でもまれに見る存在」と言っていたほどだ。

 視聴率が、第2話10.5%、第3話9.9%、第4話9.6%と少しずつ下がっていったのは仕方ないとして、第1話以降クリーンヒットはなくとも、回を重ねるごとに効いてくるような、ボディーブローは打ち続けていた。

 桐沢と対象的な“熱血”タイプのボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)とは、最初は反発し合いながらも、次第に心ひかれていく…という韓国ドラマ並みの“王道”を着々と歩み、第2話からはシングルマザーでもある葵の息子・折原圭太(川原瑛都)が登場して、“先に”桐沢と仲良くなっていく。

 ボクシング部を潰そうとする勢力として立ちふさがるのは、松葉台高校を日本一の進学校にすることに心血を注ぐ校長・大場麻琴(内田有紀)。実はボクシング部の元監督・芦屋賢三(柄本)の娘で、松葉台高校のOG、桐沢の1学年先輩でボクシング部のマネージャーだったという設定てんこ盛りのキャラクターだ。その校長に振り回される教頭の猫林(生瀬勝久)のポンコツぶりや、甲斐(安田)のいい人すぎる空回りぶりも描いてきた。

 いつまでも塞ぎ込んでいる桐沢をはじめ、大人げない大人たちに対して、生徒たちは“いい子”たちばかり。第3話では唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)が背負う複雑な家庭環境がフィーチャーされ、第4話では部長・伊庭海斗(高橋海人※高ははしごだか)の“愛の告白シーン”もあった。ほかに、坂東龍汰、吉柳咲良、佐久本宝、櫻井海音、阿久津仁愛、山口まゆ、三浦りょう太、富樫慧士、大朏岳優ら、注目の若手俳優が顔をそろえている。

コメントは受け付けていません。