木村拓哉、主演ゲーム続編に太鼓判「こんなにもリアルにできるんだ」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

木村拓哉が10日、都内で行われたゲームソフト『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の完成披露記者発表会に玉木宏、山本耕史、光石研、中尾彬、名越稔洋総合監督と共に出席。木村がゲームのリアルさに驚いたことを明かした。

【写真】木村拓哉と実写共演を熱望する玉木宏&『LOST JUDGMENT』キャスト陣

 本作は、本格リーガルサスペンスストーリーと多種多様なゲームプレイが堪能できるタイトルとして、多くのユーザーから支持を受けた『ジャッジアイズ』シリーズ第2弾。主人公・八神隆之を木村が再演する。

 前作が世界でも高い評価を受けたことについて、木村は「海外で非常に好評だったのはすごいうれしいです」と喜び。続けて「お仕事の現場でインタビューをしてくださる女性アナウンサーとか、まさか!? という方から『実はクリアしました』とか、小さい声で伝えていただくことが多くて。なんでみんな小声で言うんだろう? とは思ったんですけど、たくさんプレイしてくれた方たちがいてくれて、いろんなお声をいただきました」と振り返った。

 また、木村は本作を「ゲームというすごく独特な世界観でもあるとは思うのですが、僕らが普段実写でやってる立場からすると『こんなにもリアルにできるんだ』っていうプレッシャーを与えられるようなリアルな世界観が広がっています」と表現。「今この状況下の中、みなさんストレスがたまりがちだと思うのですが、そのストレスもこの作品でちょっとは抜くことができるんじゃないかな、というような気もしなくもないので、ぜひ楽しんでほしいと思います」とアピールした。

 本作の内容にちなみ、演じてみたい探偵や弁護士像に話が及ぶと、木村は悩みながらも「役だったら探偵もありかな? と思うんですけど、逆に犯人もありなのかな」と回答。玉木は本作が実写化するのであれば最高だと話し、「ずっと木村さんの出ているドラマを好きで見ていて、この世界に入ったのも木村さんの出ていたドラマを見てやろうと思った気持ちがあったので。共演させて頂けるということをすごく楽しみにしていたんですけど、今回は声だけだったので願わくば実写でご一緒したいな、という思いがあります」と明かした。

 ゲームソフト『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』はセガより9月24日発売予定。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。