木村拓哉、再共演した長澤まさみは「やっぱ、最高っすよ!」(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

木村拓哉が9月7日、都内で行われた主演作「マスカレード・ナイト」の完成披露試写会に、共演する長澤まさみとともに出席した。木村は「やっぱ、最高っすよ!」とバディ役で再共演した長澤を絶賛。長澤は「恐縮です。わたしも最高でした。木村さんは座長としての信頼感と安心感が200%ありますから」と互いをたたえ合った。

【フォトギャラリー】「マスカレード・ナイト」完成披露の模様

 さらに長澤は「現場に誰が来ても受け止めてくれる、器の大きな方」と木村を評し、「木村さんがいると、お芝居に集中できる環境を作ってくださるので、ありがたいし、刺激になる。楽しくお芝居ができた」と感謝を込めて、撮影を振り返っていた。

 原作は累計発行部数450万部を突破する東野圭吾の推理小説「マスカレード」シリーズ。2019年に映画化されたシリーズ第1作「マスカレード・ホテル」は、興行収入46億4000万円の大ヒットを記録した。前作に引き続き、木村が警視庁捜査一課のエリート潜入捜査官・新田浩介、長澤が「ホテル・コルテシア東京」の優秀なコンシェルジュ・山岸尚美を演じる。

 “座長”木村は「誰かひとりでも感染してしまったら、撮影すべてが止まってしまう。僕らをケアし、衛生面を考慮してくださったスタッフさん、長時間に及ぶ撮影でも、細かく気を配ってくれた大勢のエキストラの方々。(無事に撮了したのは)皆さんの日頃の努力のたまものだと思う」とコロナ禍での撮影を回想。「状況は辛かったんですが、完成したものをぜひ受け取っていただければ」と駆け付けた約800人の観客にメッセージを送った。

 一方、長澤は「今回もホテル・コルテシア東京で事件が起こってしまいます。山岸尚美としては、たまったものじゃありませんが(笑)、新田浩介さんが来てくれて、どう事件を解決するのか楽しんでいただければ」とアピールしていた。

 前作の舞台にもなった「ホテル・コルテシア東京」で催される大みそかのカウントダウン仮装パーティ「マスカレード・ナイト」を舞台に、「犯人逮捕を第一優先」に掲げる新田と、「お客様が第一優先」のポリシーを貫く山岸が、仮面をかぶった参加者(=容疑者)500人を相手に、パーティに紛れ込んだ未解決殺人事件の犯人逮捕に奔走する。

 完成披露試写会には木村と長澤をはじめ、共演する中村アン、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸、石橋凌、渡部篤郎、鈴木雅之監督が勢ぞろいした。「マスカレード・ナイト」は9月17日に公開。

コメントは受け付けていません。