東京に「インスタ映え」は必要ないーー百戦錬磨のコンサルが行き着いた、ある一つの結論とは(アーバン ライフ メトロ)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:アーバン ライフ メトロ

私(倉本圭造。経営コンサルタント、経済思想家)のクライアントには変わり種の業種もあって、なかでも「ひとりアパレル業」と「Jポップの作曲家業」のクライアントとの話はとても楽しいです。

【アメリカ調査】世界の「映えスポット」ランキング 東京が驚きの順位に

 ふたつとも、非常に「東京という街」らしい仕事である、と感じます。

「ひとりアパレル」というのは、「自分ひとりでアパレルブランドを運営し、自分で服などのアイテムをデザインし、自分で作って、それが好きなお客さんを集めてきて、自分で売る」というスタイルの仕事です。

 もちろん、そういうスタイルのアパレル自体は世界中にあります。

 間に小売店などを挟まずに「生産者が顧客と直接つながって商売をする形態」という意味で、「D2C(direct to consumer)」という専用の用語があるぐらいです。

 しかし私のクライアントの「ひとりアパレル業」を見ていて「東京特有だなあ」と思うのは、良くも悪くも「現代風の商売っ気のなさ」に逆に驚かされるところがあるからです。

 東京ってこんな仕事のやり方でも生きていける街なのか! という驚きがある。

 というのは、諸外国でよく見られる「D2C」ビジネスというのは、もっと「インスタ映え」風のSNSでのアピールを徹底的に活用するスタイルが主流だからです。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。