松本まりか、息子を拒絶する母親の“闇”を熱演 映画『ぜんぶ、ボクのせい』本編映像(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちの姿を描いた自主制作映画『NOISEノイズ』で注目を集めた、松本優作監督の最新作『ぜんぶ、ボクのせい』(8月11日公開)より、主人公の少年・優太(白鳥晴都)が、母親・梨花(松本まりか)から拒絶される決定的な場面の本編映像が解禁となった。

【動画】映画『ぜんぶ、ボクのせい』本編抜き映像

 『ぜんぶ、ボクのせい』は、絶望の果てに希望を見出そうとする少年・優太の葛藤を描いた物語。解禁となったシーンは、児童養護施設で母の迎えを待ちながら暮らしていた優太が“絶望”する場面だ。

 偶然、母の居場所を知った優太は、会いたい一心で施設を抜け出し、母親を訪ねて久しぶりの母との時間に安堵する。しかし、梨花は、山崎(若葉竜也)という男と暮らしており、彼に依存する自堕落な生活を送っていた。そんな3人で、カップ焼きそばを食べるが、なかなか箸が進まない優太。梨花が心配している様子を見て、山崎が「優太、梨花を困らせちゃだめだぞ」と声をかける。すると、優太は、見知らぬ男性に馴れ馴れしい口調で名前を呼ばれたことに激怒し、山崎に襲いかかり手首に噛みつく。この状況の中、梨花は、優太ではなく山崎の元へ駆けつけ、「ごめんね」と謝り、部屋に散らばった焼きそばを片付ける。

 その時、インターホンが鳴り、梨花は優太に出るように頼んだ。ドアの向こうにいたのは児童養護施設の職員・宮本(木竜麻生)。梨花は、優太に言わず施設の職員に優太を引き取りに来るよう連絡をしていたのだった。優太は、「嫌だ、帰りたくない」と梨花にすがるが、「ごめんね、優太」と何度も突き放す。やっとの思いで会えた母親に拒絶された優太は絶望し、涙を流しながら「どうして、僕を生んだの?」と、母親に言い放つのだった。

 主人公・優太を演じる白鳥は、演技未経験ながら、瀬々敬久監督映画『とんび』(公開中)でスクリーンデビューしたばかりの新人だが、母親に拒絶されて心に傷を負う難しい役どころを演じるスター性を発揮。さらに、優太が出会う、軽トラで暮らすホームレスの男・坂本役でオダギリジョー、坂本の元に時々顔を出す裕福な家庭に育つも、家にも学校にも居場所がない少女・詩織役で川島鈴遥が出演。

 母親役の松本まりか、母親と暮らす男・山崎役の若葉、児童擁護施設の職員・宮本役の木竜ら、ドラマ・映画に引っ張りだこの俳優陣が顔をそろえるほか、仲野太賀、片岡礼子、駿河太郎らが脇を固めており、キャスティングからも松本優作監督への信頼、期待値の高さがうかがえる。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。