松本隆の作詞活動50周年プロジェクト始動、Web番組「風街ちゃんねる」配信(音楽ナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:音楽ナタリー

松本隆の作詞活動50周年を記念したプロジェクトが始動した。

1970年にはっぴいえんどでデビュー以来、現在までに2000曲以上の歌詞を提供してきた松本。“日本語で歌うロック”を確立し、長きにわたって数多くのアーティストからリスペクトされている。1971年に発表されたはっぴいえんどの2ndアルバム「風街ろまん」の発売日にあたる本日11月20日に、このプロジェクトのスタートアップとしてWeb配信番組「~松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト~風街ちゃんねる」の始動が発表された。

【写真】「松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト」メインビジュアル(メディアギャラリー他9件)

「風街ちゃんねる」は無観客の東京・TOKYO FMホールで収録され、松本とMCの宇賀なつみが、「同じ時代を共に駆け抜けた人」「世代を超えたフォロワー」など、松本の人生につながる“風街の住人”のゲストを招き、ほかのメディアでフォーカスされる機会の少ない“作詞家・松本隆”のエピソードや秘話を時系列に沿って紐解くという番組。12月12日(土)配信の第1回は「松本隆の言葉の素(もと)、文化の核(かく)」をテーマに、明治大学の齋藤孝教授と、書籍編集者の君塚太氏をゲストに迎え、小学生時代からの松本の文化体験を振り返り、作詞家としてのベースを探る。2021年1月23日(土)配信の第2回は「『はっぴいえんど』と日本語のロック」がテーマ。“ゆでめん”の通称で呼ばれるはっぴいえんどの1stアルバム「はっぴいえんど」のディレクターを務めた音楽評論家の小倉エージ、俳優兼ミュージシャンの佐野史郎がゲスト出演。はっぴいえんどが生まれた背景が新事実を含むエピソードと共に紹介される。

この番組は月1回配信され、全6回を予定。第1回の視聴チケットはチケットぴあで販売中。第2回のチケットは12月12日21:00に発売される。

■ 「~松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト~風街ちゃんねる」番組内容
□ 第1回「松本隆の言葉の素(もと)、文化の核(かく)」
配信日時:2020年12月12日(土)20:00~
アーカイブ配信:2020年12月25日(金)23:59まで
<出演者>
松本隆 / 宇賀なつみ / 齋藤孝 / 君塚太

□ 第2回「はっぴいえんど」と日本語のロック
配信日時:2021年1月23日(土)20:00~
アーカイブ配信:2021年2月5日(金)23:59まで
<出演者>
松本隆 / 宇賀なつみ / 小倉エージ / 佐野史郎

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。