柳楽優弥主演『二月の勝者』中学受験に“向いていない”生徒への策とは?第2話あらすじ公開(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優・柳楽優弥が主演する日本テレビ系連続ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(毎週土曜 後10:00)第2話が、23日放送される。

【場面写真】柳楽優弥と向き合う井上真央

 最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)が校長として中堅進学塾・桜花ゼミナールにやってきた第1話。「合格に必要なのは、父親の経済力と母親の狂気」、「親はスポンサー」など黒木が塾講師たちに放ったストレートすぎる強烈な言葉のほか、「あり得ないなんてことはない。不可能を可能にする。それが中学受験です」と生徒の前で全員合格を断言するシーンやサッカーが得意な生徒にかけた「粘って頑張った経験のある人は、受験でも強いですよ」など、“黒木語録”がさく裂した。

 第2話では、塾講師として働き始めた佐倉麻衣(井上真央)が、担任を任された成績最下位のRクラスで授業中いつもボーっと窓外を眺めている加藤匠(山城琉飛)にどうにかやる気を出させようと意気込む。しかし、黒木からは「Rクラスはお客さんですから、一生懸命にならないでください」と言われ言葉を失う。さらに、答案と成績表を「顧客の評定リスト」「Rクラスは不良債権だらけ」と厳しい言葉で切り捨てられる。

 その後、佐倉は匠の母・加藤涼香(堀内敬子)との面談で、「匠が中学受験に向いてないのでは」と相談を受け、匠にやる気を出してほしい一心で、授業後にマンツーマン指導を行い、匠の苦手部分の克服を試みる。しかし、なんとその翌日に匠は塾を休んでしまい、「塾を辞めたがっている」と聞かされる。マンツーマン指導の際、匠がいつも窓の外を眺めている理由に気付く佐倉。それを聞いた黒木は、ある行動にでる。中学受験に向かないように見える生徒への黒木の戦略とは。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。