森新太郎「確かなものを感じる」小瀧望主演『エレファント・マン』(チケットぴあ)

出典元:チケットぴあ

舞台『エレファント・マン THE ELEPHANT MAN』が10月27日(火)に開幕、それに先駆け公開ゲネプロと取材会が行われ、取材会には演出の森新太郎、主演の小瀧望(ジャニーズ WEST)、近藤公園、高岡早紀、木場勝己が出席した。

<「エレファント・マン」より小瀧望>

本作は、19世紀イギリスに実在した人物を題材にした戯曲で、1977年にロンドンで初演された作品。膨張した頭部、著しく変形した身体、その外見から「エレファント・マン」と呼ばれる青年ジョン・メリック(小瀧)が、解剖外科医のトリーヴズ(近藤)と出会い、保護さあれ、人間らしい生活を手に入れ――という物語が描かれる。

取材会で森が「本当にいいチーム。役者が9人いるのですが、全員プロフェッショナルだなと思っています。毎日コツコツ、コツコツ小さいところから立ち上げて、今日ここに至って。今まで僕が演出した現場では感じたことのないような確かなもの、信頼と言っていいと思いますが、それをこのチームから感じます。演出家冥利に尽きます」と語った本作。「この作品は静けさの中に人間の激しい感情が渦巻いているというような芝居です。でも、そこに行きつくのがなかなか難しいことで。ようやく今、できはじめているなと思います。そういうことができると、気付けばお客さんも登場人物と一緒に静けさの中に閉じ込められてしまうんです。そういうものが今やっと演劇として目の前に立ちあがってきて、僕は演出家であることを忘れて興奮を覚えました。劇場に来られる人は、彼や彼女たちと同じように呼吸して、ひとつの物語を共有するのかなって。それは、演劇が再開したなと感じて嬉しいです」と手応えを語った。

限りなくシンプルな舞台美術の中で、メリックをはじめとする登場する人物全員の感情やそれが絡まる様が浮き立って見えるような作品。小瀧は特殊メイクを施さず身体を湾曲させ、発声方法も変えながらメリックというピュアな人物を演じる。そのメリックと対峙するのは近藤演じるトリーヴズ。順風満帆だった人生でメリックと出会い、初めて己と向き合い苦悩する複雑な心理が印象的だ。さらに高岡や木場、花王おさむ、久保田磨希、駒木根隆介、前田一世、山崎薫という面々がそれぞれの役柄(小瀧以外は全員兼役)を丁寧に演じ、メリックを軸にして人間や社会など実にさまざまなものが表現される。

同名映画とは違う切り口で“エレファント・マン”を描く本作は、11月23日(月・祝)まで東京・世田谷パブリックシアターにて上演中。

文: 中川實穂

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。