櫻坂46、改名から1年 齋藤冬優花、幸阪茉里乃、武元唯衣に聞く「変化」と「2年目の課題」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

10月13日に3rdシングル「流れ弾」をリリースした櫻坂46。二期生・田村保乃が初の表題曲センターを務める今作のリリース日は、2020年10月14日にグループが欅坂46から櫻坂46に改名してちょうど1年にあたる。改名から現在まで、さまざまな変化を経験してきた彼女たち。この1年間にあった心境の変化と、2年目への課題を、一期生の齋藤冬優花、二期生の幸阪茉里乃と武元唯衣に聞いた。

【写真】櫻坂46・齋藤冬優花、幸阪茉里乃、武元唯衣の3ショット(全10枚)

■改名から現在へ 改名当時の思いと1年の変化

 櫻坂46の核にはライブパフォーマンスがある。その見せ方として、新たなフォーメーションシステムが導入されたのも改名を象徴していた。

 2020年12月9日のデビューシングル「Nobody’s fault」リリース以降は、3列のフォーメーションのうち、前2列を8名のメンバー“櫻エイト”が担当。ほかのメンバーは“BACKS”として、収録曲ごとに異なる顔ぶれで3列目を託されるようになった。

 今回、改名から現在までの思いを聞いた齋藤、幸阪、武元は、最新の3rdシングル「流れ弾」までBACKSを担ってきたメンバー。6月には、改名後初の有観客公演「BACKS LIVE!!」も経験してきた。

――欅坂46から改名した当時、それぞれどのように感じていたのでしょうか?

齋藤:改名当時は先が見えなかったし、納得する形になるのかと不安も大きかったです。でも、この1年間を通して受け入れられました。決断が正解だったかどうかは自分たち次第でしたし、気持ちの整理もつきました。メンバーの雰囲気を見ても、確実にプラスになっていると思える場面もたくさんあります。

フォーメーションシステムの変更で、センターを経験するメンバーが増えて。楽曲ごとに雰囲気が変わり、ライブでもいろいろな表情が見られるようになったのは、いい変化だったと思います。

――6月の「BACKS LIVE!!」でも、3列目の皆さんが、それぞれセンターを経験していましたね。武元さんは、改名をどう受け止めていましたか?

武元:素直に寂しかったです。私はアイドルというより、欅坂46が好きでこの世界に入ったんです。オーディションを受けたのも、その一心でした。元々、子どもの頃から続けていたダンスで「人に何かを伝えたい」と頭の片隅で思う中で出会ったのが欅坂46の世界観でした。初めて願いをかなえられた場所が失われてしまう寂しさもありました。

でも、時間とともに気持ちが変わってきて。少しずつ、欅坂46の存在を客観的に見られるようになってきたんです。櫻坂46への改名で、二期生もシングル制作を経験するようになったのは大きなきっかけでした。レコーディングをして、振り付けを体に入れて、MVも撮影し、CDが誰かの手元に届くまでの流れをそれまで経験していなかったので、みんなで一緒に作ったものを届けられている今の状況を、幸せだと思えるようになってきました。

――幸阪さんは、当初「新二期生」として2020年2月に加入。改名まではおよそ8ヵ月と短期間だった印象です。

幸阪:短かったのはその通りで、本当に「改名するのかな」と感じていたし、これからどうなるんだろうと不安も大きかったです。でも、改名がなければ、ファンの皆さんに自分を知っていただく機会はなかったかもしれない。制作という過程を通して、先輩方とも距離を縮められたので、良かったなと思います。

――この1年間を通したグループの変化のように、それぞれ個人的に変わった部分もありそうですね。

齋藤:パフォーマンス中の意識が変わりました。欅坂46時代は、なるべく“個”を出さないようにしていて。動きも表情も自分なりにアレンジせず、シンプルに「曲を伝えよう」と意識していたんです。でも、櫻坂46への改名後は、周りから「もっと自分の色を出していい」と言われる機会が増えてきて。自分の見せ方を研究するようになりました。

以前は、ライブ映像を振り返るときに「グループ全体といかになじめているか」を意識していたんです。でも今は、自分の表情や踊り方に注目しながら、見直すようになりました。

――武元さんは、個人的に何が変わったと思いますか?

武元:「櫻坂46の武元唯衣です」と自信を持って言えるようになりました。欅坂46としての自分に誇りを持っていたし、改名後もしばらくは「櫻坂46でも同じ気持ちになれるか」と不安があったんです。でも、時間が経つにつれて今ある形の中で、自分はどんなパフォーマンスがしたいのか、何をしなければいけないのかと考えられるようになりました。

欅坂46時代は、先輩たちの作る世界観へついていこうと必死だったんです。櫻坂46へ改名してからは、だんだん自分にも意識を向けられるようになってきて。パフォーマンスをいかに自分のものにするか、そのために何をするか、と考えながら行動できるようになりました。

――幸阪さんは改名により、自分の中で何が変わったと思いますか?

幸阪:メンバーとして頑張ろうという気持ちが、強くなったと思います。加入してすぐにコロナ禍となり、お披露目の場もなかったので、正直、ファンの皆さんに私たちが「認められているのかな」と不安もあったんです。

でも、6月の「BACKS LIVE!!」で初めての有観客公演を経験して、メンバーとしての自覚も強くなりました。客席で見守るファンの皆さんの温かさも感じられました。一人一人が頑張らないとグループは成り立たないと思えるようになりましたし、ライブを通して自分を奮い立たせることができました。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。