永野芽郁、覚醒!? 濃厚キャラ続々登場、OL戦国時代を描く「地獄の花園」予告編(映画.com)

出典元:映画.com

永野芽郁が主演し、バカリズムがオリジナル脚本を手掛ける「地獄の花園」の公開日が5月12日に決定し、あわせて予告編もお披露目された。映像には、広瀬アリス、菜々緒、遠藤憲一、小池栄子らクセの強いヤンキーOLたちが勢ぞろい。永野が覚醒したかのように「全員まとめて殺してやる!」と叫ぶ衝撃の姿も切り取られている。

【フォトギャラリー】永野芽郁が初特攻服で暴言!

 同作で描かれるのは、花園のように華やかな職場で真面目に働くOLたちが、裏では地獄のような喧嘩、“拳”による派閥争いを繰り広げる驚きの世界。永野がごく普通のOLライフに憧れる主人公・直子、広瀬がカリスマヤンキーOL・蘭を演じた。

 予告編の冒頭では、直子が同僚に一目惚れし、爽やかなオフィスラブストーリーが始まるのかと思いきや……、突如OLが吹き飛ばされ、暴言が飛び交い、映像の雰囲気は一変。社内の三大派閥である、“悪魔の朱里”(菜々緒)率いる開発部、“狂犬紫織”(川栄李奈)が仕切る営業部、“大怪獣悦子”(大島美幸)が牛耳る製造部の一触即発の空気が確認できる。しかし中途採用で入社した蘭が、次々と三大派閥のヤンキーOLたちを打ち負かしていき、「まだ上がいるなら、今連れて来いよ!」とすごむさまが映し出される。

 さらには「OL戦国時代の幕が上がる!」という言葉とともに、ライバル企業のトムスンに所属する“魔王赤城”(遠藤)、精鋭部隊であるトムスン三銃士(勝村政信、松尾諭、丸山智己)、都市伝説と崇め恐れられてきた“地上最強のOL鬼丸麗奈”(小池)ら濃厚なキャラクターたちが続々登場。終盤には罵声を響かせる直子の姿や、直子と蘭が殴り合っているかのようなカットも挿入され、予想のつかない展開を暗示している。映像には、現時点ではベールに包まれているアーティストが歌う主題歌が流れており、続報に期待が高まる。

 「地獄の花園」は、5月21日に全国公開。永野と広瀬のコメントは、以下の通り。

【永野芽郁】

 初めて試写で笑いました! 自分が出ているといつもどうしても客観的に見られずにそわそわしてしまうんですが、こんなにも面白いとは! と驚きました。なのに、すごいかっこいい映画にもなっていました。振り切りすぎているビジュアルもすごいです!

【広瀬アリス】

 最初から最後まで面白かったです。アクションシーンも、オープニングもかっこよくて早く多くの方にご覧いただきたいです。キャラクターの衣装含めたビジュアルをイラストで見た時は遠藤さんの髪型に驚きまして……その後衣装合わせで初めて目撃した時は膝から崩れ落ちました!

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。