永野芽郁『ユニコーンに乗って』、会社の仲間に坂東龍汰、前原滉、青山テルマ(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

女優の永野芽郁が主演を務める新ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系/7月より毎週火曜22時)に、俳優の坂東龍汰、前原滉、アーティストの青山テルマが出演することが発表された。3人は、永野演じる若きCEOが率いる「ドリームポニー」で働く個性豊かな同僚キャストを演じる。青山が連続ドラマにレギュラー出演するのは初めて。

【写真】青山テルマ、初の連ドラレギュラー出演 『ユニコーンに乗って』に出演する坂東龍汰、前原滉

 本作は、教育系スタートアップ企業の若き女性CEOのもとに、ある日突然、自分の会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く“大人の青春”ドラマ。『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』、『Night Doctor』などの大北はるかが脚本を手掛ける完全オリジナルストーリーだ。永野がCEO・成川佐奈を、西島秀俊が佐奈のもとに部下として転職してくるおじさんサラリーマン・小鳥智志役を、杉野遥亮が佐奈とともに「ドリームポニー」を起業し、最良のビジネスパートナーとして一番近くで苦楽を共にしてきた須崎功を演じる。

 坂東が演じるのは、西島演じる小鳥と同じ日に面接を受け、高いプログラミング能力をかわれ、採用される現役大学生・森本海斗。海斗は小学生の時、数学オリンピックに最年少で本選入賞するなどの経歴を持ち、高い集中力と優れた技能で「ドリームポニー」の新サービス立ち上げの中核を担う。そんな海斗だが、人とのコミュニケーションには難があり、時々チームの空気を悪くしてしまうことも。だが、根っからの面倒な人間ではなく、社会生活を送る中で自身の性格に生きづらさを感じており、不器用な一面もあるという役どころだ。

 坂東は「僕が演じる森本海斗はクセがすごく強いキャラクターなので、どのように演じるか考える時間も楽しくて、挑戦と思いドキドキしています!」とコメントを寄せた。

 佐奈、須崎と共に「ドリームポニー」を立ち上げた創業メンバーの1人で、個性豊かな仲間を上手く取りまとめる栗木次郎を演じるのは前原滉。栗木は須崎と同じ大学の同級生。ひょんなことから佐奈と須崎と3人で過ごす時間が増え、ビジネスコンテストへの参加をきっかけに一緒に起業。のほほんとしたお調子者だが視野が広く、須崎が佐奈へ想いを寄せていることも昔から気づいており、須崎の恋を応援している。

 前原は、「人がチャレンジしていく姿とか、人がチャレンジしていく途中で壁にぶつかったり、それを乗り越えたり、皆さんにもあると思うので、それを経験してきた人も、そうじゃない人も、楽しめるドラマになっていると思います」とアピール。

 さらに、帰国子女で語学堪能なプログラマーで、「ドリームポニー」のアイデアブレインの一人でもある夏井恵実を、連続ドラマ初レギュラー出演で本格演技には初挑戦となる青山テルマが演じる。夏井は、父親がアメリカ人で考え方も生き方もアメリカンスタイルで、はっきりとした性格。「ドリームポニー」のムードメーカーであり、マイペースに働く自由人だ。

 青山は、「初めてのことだったのでうれしい気持ちと同時にもちろん不安も感じました」とオファーを振り返り、「ですが、このドラマのストーリーラインや『チャレンジしていく』という前向きなメッセージに深く共感し、この様な素晴らしい機会をいただけたのなら自分自身色々吸収し、勉強し、新たなチャレンジに飛び込んでみようと決めました」と初めての連ドラレギュラー出演への意気込みを語っている。

 火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』は、TBS系にて7月より毎週火曜22時放送。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。