池田エライザ演じるドロンジョの壮絶な過去 予告公開、初回放送日は10月7日に決定(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

池田エライザが主演する、タツノコプロ創立60周年記念作品「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO ドロンジョ」の第1弾予告編(https://youtu.be/ZdQZOLMcpcY)が披露された。後にドロンジョとなる主人公・泥川七音(どろかわなお)の壮絶な過去が切り取られている。あわせて、初回放送・配信日が10月7日に決定した。

【フォトギャラリー】“令和のドロンジョ”を演じる池田エライザ

 1977年の初放送から45年を経たいまもなお、多くの人々に愛される国民的アニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」で、正義の味方であるヤッターマン1号・2号と対峙する、キュートでセクシー、そして少し間抜けで憎めない敵役として知られるドロンジョ。本作では、そんなドロンジョのイメージを一新。貧しく過酷な環境で生きる、切なくも美しい孤高のダークヒロインとして登場し、彼女の知られざる過去や壮絶な生き様を描く。肉体同士が激しくぶつかり合う真剣勝負の闘いの場で、自身を勝負の道具のごとく酷使するドロンジョに、次々と悲劇が訪れる。脚本は、喜安浩平(「桐島、部活やめるってよ」)、内藤瑛亮(「ミスミソウ」)、横尾初喜(「こはく」)らが手がけた。

 先日、池田が全く新しい“令和のドロンジョ”を演じることを発表した際には、格闘技スタイルに機械式の“義足”をまとったビジュアルが大きな話題となり、ベールに包まれた物語や設定の情報を求める声が続出していた。

 予告編では、ある悲劇に絶望した七音が、血だらけで叫び、悪に墜ちていくさまが切り取られている。「奪われたもんは、奪い返す」と呟く七音。ヤッターマンらアニメでおなじみのキャラクターは登場するのか、七音は最後にどのような姿の“ドロンジョ”となるのか――。続報に期待が高まる映像となった。

 「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO ドロンジョ」(全11話)は、10月7日の午後11時から、毎週金曜にWOWOWで放送(第1話はWOWOWプライムで無料放送)。WOWOWオンデマンドでは、各月の初回放送終了後、同月放送分を一挙配信する。

コメントは受け付けていません。