浜野謙太&川栄李奈がピクサー「ソウルフル・ワールド」の日本語吹き替え声優に決定(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ディズニー&ピクサーの新作「ソウルフル・ワールド」の日本語版吹き替え声優に、浜野謙太と川栄李奈が決定した。

 同作は、ソウルの世界に迷いこんでしまったジャズピアニストを夢見る音楽教師ジョーの冒険を描く物語。「カールじいさんの空飛ぶ家」「インサイド・ヘッド」でアカデミー賞の長編アニメーション賞に輝き、ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるピート・ドクターが監督を務めた。

 米ニューヨークでもっとも有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手にし、浮かれ気分で街を歩いていたジョーは、誤ってマンホールに落下してしまう。目を覚ましたのは、生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂(ソウル)の世界”だった。青くてかわいらしい“ソウル”の姿になったジョーは、自分のやりたいことが見つけられずと何百年もソウルの世界に留まっているソウルの22 番と出会い、夢や情熱といった“人生のきらめき”の素晴らしさを伝えようとする。浜野がジョー、川栄が22番の声を演じる。

 今回の抜てきに、バンド「在日ファンク」のボーカル兼リーダーで俳優としても活躍する浜野は、「オーディションに参加できるだけでもすごく嬉しかったですし、本気で頑張ったので、受かったことが単純に嬉しかったです」と歓喜。ジョーについては、「自分に本当に近い存在ですね。プロのジャズピアニストになる夢だけを追い続けるジョーを見て“俺だ!”と思いました」「いろんなことを見失ってしまうことはあるけれど、一途に追い求めて一生懸命になっているというところが愛らしいですね。それがコメディーにもなったりして、そのジョーの必死なところが僕は大好きです」と愛着を語っている。

 一方の川栄は、自身も学生の頃は将来の自分がイメージできず、22番のようだったと振り返る。さらに、「22番のように、“何をしたらいいのか”、“自分のやりたいことってなんだろう”と悩んでいる人が私の周りや若い世代には多いかもしれないです」「そういう悩みを抱えている方はこの映画を見て考え方が変わると思います。これから先の大切なものが見つけられる映画です」と共感を呼ぶストーリーをアピールしている。

 「ソウルフル・ワールド」は、12月25日からDisney+で配信開始。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。