渡辺大×北乃きい、裏側を知ればより面白い 『シネコンへ行こう!』(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

BS松竹東急(BS260ch・無料放送)で、7月4日よりオリジナルドラマ、月曜ドラマ『シネコンへ行こう!』(毎週月曜 後10:30)がスタートする。とある地方都市のシネマコンプレックス(通称:シネコン)を舞台にした、笑いあり涙ありのコメディ群像劇。主演を務める渡辺大、共演の北乃きいに見どころを聞いた。

【画像】月曜ドラマ『シネコンへ行こう!』予告映像

 同ドラマでは、シネコンにはどんな仕事があるのか、どんなクレームがあるのか、舞台あいさつはどのように行われるのかなど、知られざるシネコンの裏側をエンタメ要素満載で描く。支配人やマネージャー、アルバイトなど、シネコンで働く人々にスポットを当て、彼らの仕事や映画に対する姿勢を描く一方、それぞれが抱える事情や複雑な人間模様、ラブ要素などを盛り込み、お仕事ドラマとしてだけでなく、人間ドラマとしても見応えたっぷり。

――渡辺さんは、これまで数多くの映画やドラマに出演されていますが、意外にも連続ドラマの主演は本作が初。意気込みを教えてください。

【渡辺】もちろん身が引き締まる思いはありましたが、連続ドラマ初主演ということよりも、水沢という人物を演じられることや、オリジナル脚本の面白いドラマを作れることの方が僕としてはありがたく思いました。群像劇でもあるので、主な登場人物すべてが主役というか、各パートでそれぞれみんな輝いてます。座長として背負う部分は自覚して背負いつつ、みんなに助けてもらいながら、バランスよくやれたらいいな、と思って臨んでいます。撮影が始まってからは、個性的な人たちばかりが集まっているので、負けちゃいられないな、という思いが強いです。

――渡辺さんは、幼い頃から映画に親しみ、自主映画などを撮っていたがモノにならず、今は営業不振にあえぐシネコン「シネマインみらい」の支配人として働く主人公・水沢健太(みずさわ・けんた)役。そして、シネマインの本体会社である東竹(とうちく)から出向してきた新人マネージャー・中塚香織(なかつか・かおり)役を演じるのが北乃さんですね。

【渡辺】水沢はマイペースで、経営不振にあえいでいるシネコンの支配人なのに、あんまり危機感を抱いていない。そこへちょっとケツを叩きに来てくれたのが、香織さん。ほかのスタッフとの温度差が激しい香織さんが、どうやって溶け込んでいくのか、見届けてほしいですね。

【北乃】台本を読んだだけの段階では、水沢支配人はマイペースで、誰からも嫌われていない感じがするけど、すごく好かれているというわけでもない、という印象だったのですが、撮影が始まって、大さんが演じる水沢を見て、印象が変わりました。確かにちょっと抜けているところもあるけれど、だからみんながついていくんだな、と思えるところがちゃんとある。駄目なところが良くなるよう応援したくなると思います。

――香織は、映画館の仕事は初めてで、知らないことばかり。正義感が強く、納得できないことは誰であろうと言わずにはいられない性格もあって、周りとの軋轢(あつれき)も生みやすい。やる気のないスタッフに腹を立て、自ら動こうとするが意外と不器用だったり、直截的(ちょくせつてき)な物言いで客を怒らせたりしますが、演じていていかがですか?

【北乃】毎日怒っています(笑)。とてもスタミナを使います。カットがかかったら自分に戻れる役者さんは多いですが、私は切り替えが下手なので、撮影期間中はずっと役に入った状態を維持してしまって。なので、プライベートではなるべくしゃべらないようにしています。香織みたいに、相手を怒らせるようなことを言いそうなので(笑)。でも終盤に向かって、香織の性格も丸くなっていくので、その段階になったら私も共演者の方たちとのコミュニケーションを楽しみたいな、と思っています。

【渡辺】香織さんを怒らせるようなことを水沢はじめ、シネコンのスタッフがするんですよ(笑)。逆に僕らはいかに香織さんの怒りの火に油を注げるか、ということを考えながら演じているんです。怒りを通り越して、呆れるくらいのことをしています。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。