渡辺謙、『ピサロ』リベンジ公演で決意「感染者を出さず千秋楽まで」(オリコン)

出典元:オリコン

俳優の渡辺謙、宮沢氷魚が14日、東京・渋谷のPARCO劇場で行われた舞台『ピサロ』の初日前会見に登壇した。

【動画】ド派手衣装で美しい肉体を披露した宮沢氷魚

 同舞台は、16世紀、167人の寄せ集めの兵を率いて、2400万人のインカ帝国を征服した、成り上がりのスペイン将軍ピサロの物語。昨年3月にPARCO劇場オープニング・シリーズ第1弾公演として開幕する予定だったが、コロナ禍により初日を延期。上演45回予定のところ、わずか10回の上演となっていた。

 今回のアンコール公演は、あす15日~6月6日まで同所で上演される。「リベンジ公演」と掲げたピサロ役の渡辺は「久しぶりに(けいこでキャストと)再会して、読み合わせしたときに止まっていた時計が動き出した気がした」と回顧。

 続けて「けいこ中も、そしてこれからもPCR検査を続けていく予定です」とし「僕らの中から感染者を出さず、千秋楽まで走り抜きたい」、「こんな事態の中でも『演劇をお届けしたいんだ』という思いを持ってあしたから幕を開けられる」と、今作に込める並々ならぬ思いを熱弁した。

 1985年の日本初演時、渡辺が演じたインカ帝国の王・アタウアルパ。今作で“継承”する宮沢は「中止が決まったときに謙さんから『また会いましょう』と言っていただいて、(再演を)信じられて前向きになれた」と感謝し「1年経って皆さんの前で披露できることが幸せ。作品だけでなく、僕個人の成長も見せられたら」と気合十分。その様子を暖かく見守っていた渡辺は「かなり成長しています」と太鼓判を押していた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。