漫画家・桂正和の画業40周年記念展覧会が4月27日から開催 「タイバニ2」キャラデザ原案も展示(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

漫画家・桂正和氏の画業40周年を記念する大規模展覧会「40th Anniversary 桂正和 ~キャラクターデザインの世界展~」の開催が決定した。東京・池袋サンシャインシティ 文化会館ビル3階 展示ホールCで、4月27日~5月8日に行われる。

 同展では、桂氏がこれまで描いてきた画稿を多数展示。漫画作品はもちろん、コラボイラストや衣装デザインなど、氏の多岐にわたる業績を通覧できる。また、4月8日からNetflixでの独占配信がスタートした「TIGER & BUNNY2」のキャラクターデザイン原案も展示予定だ。

 桂氏が本展のために描き下ろした、連載デビュー作品「ウイングマン」の主人公・ウイングマンと、同作ヒロインのアオイのイラストも公開されている。

 チケット価格は1500円で、数量限定の抗菌マルチケース付きが2000円。また、4月26日に開催される先行内覧会では、桂氏とコスプレイヤー・グラビアアイドルの伊織もえ、よきゅーんの3人によるトークショーも行われるが、チケットの抽選販売はすでに終了している。

 桂氏は1983年に「ウイングマン」で連載デビュー。同作は、翌84年に「夢戦士ウイングマン」としてテレビアニメ化された。「電影少女」「D・N・A2 ~何処かで失くしたあいつのアイツ~」(※“2”は2乗)、「I”s」といった代表作もアニメ化されている。また「TIGER & BUNNY」シリーズのほかにも、「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」やアニメ版「牙狼〈GARO〉」シリーズなどでキャラクターデザインを手がけている。


コメントは受け付けていません。