町田啓太&佐野勇斗、本物の自衛官に触発され“ガチ”の体作り 共演者との話題は筋トレやプロテイン(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の町田啓太(31)が主演、佐野勇斗(24)が共演するフジテレビ7月期の水10ドラマ『テッパチ!』(7月6日スタート、毎週水曜 後10:00※初回15分拡大)の取材会がこのほど開かれ、2人が本作の魅力や役作りへの思い、初共演となる互いの印象などを語った。

【全身ショット】筋肉もついてさらにカッコよく!『テッパチ!』に出演する町田啓太&佐野勇斗

 本作は完全オリジナル企画で、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。町田が“やけっパチ”な自衛官候補生・国生宙、佐野が宙の自衛官候補生の仲間・馬場良成を演じる。

■暑苦しすぎて“逆に涼しい”内容に

 主演の町田は「台本を読んだ時に、この夏にピッタリな暑苦しい、でも清涼感も漂うドラマになるんじゃないかなと思いました」と本作の印象を明かす。どうすればもっと熱が高くなるか、もっと良いものになるか。出演者全員で意見を交わしながら、1つのシーン、1つの事象にこだわった。「もうその時点から熱が発せられているくらいやっているので、暑苦しく見てもらえるんじゃないかなと。暑苦しすぎて、多分逆に涼しく見てもらえるんじゃないかという感じになっていると思いますね(笑)」と冗談交じりに語った。

 一方、佐野は「出演者は体づくりに励んでおりまして、筋トレでの方法とか『何やってるの?』と聞いたりしている。みんなで刺激をし合いながら撮影に臨めている。その雰囲気も画に現れるんじゃないかなと思います」と自信をのぞかせる。また、トランペットを吹くシーンもあるため「そちらの方もちょっと練習しておりまして、いろんなことを頑張っています」とはにかんだ。

 筋トレに励んでいるという言葉の通り、2人は迷彩柄の戦闘服をまとっていても、筋肉がつき体が大きくなったことが分かる。取材会当日は、最初の本読みから約1ヶ月が経過していたというが、町田は「その頃と比べてもみんな体つきが全然違う。会ったときから『筋トレで(プロテインは)何飲んでます?』などと話していた」と明かす。

 短期間での体作りは過酷だが、それを頑張ることができたのは本物の自衛官の存在があったからだという。本作は防衛省の全面協力を得て、実際の駐屯地などで撮影されており、町田は「実際にお会いしたりすると、体つきが違うんですよ。完全に動ける体であって、フィジカル的に心配のない体なんですよ」と絶賛する。

 佐野は、丸一日訓練を指導してもらった時を回顧。「尋常じゃないんです。『よくそんな動きができるな』ってものばっかり。それに耐えられるだけの体づくり、フィジカルづくりっていうのをみんなで頑張っています」と語った。

コメントは受け付けていません。