白濱亜嵐、名優・奥田瑛二の“交際OK宣言”に大喜び(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐と「ReLIFE リライフ」の平祐奈が主演した「10万分の1」が11月27日、全国で封切られた。白濱と平、共演の優希美青、白洲迅、奥田瑛二、三木康一郎監督は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立った。

 白濱は「この映画の撮影をしたのが2年くらい前なので、ついに公開できたなという気持ちと皆さんの顔を見ながら舞台挨拶ができて嬉しく思います」とニッコリ。平も「公開ができるのかなと、色んな心配がありましたが、無事に初日を迎えられて嬉しく思います」と喜びをかみ締めた。

 宮坂香帆氏の人気少女漫画を実写映画化した今作は、10万分の1の確率でしか起こらない難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)という運命が降りかかりながらも、手を取り合って未来に向かっていく高校生の蓮と莉乃の恋愛を描いた。白濱は、自らの役どころを「終始莉乃のことを大切に思っているキャラクターなので、優しい表情や温かい目で莉乃のことを見ているということは意識しましたね」と明かす。一方ALSという難病をわずらう莉乃を演じた平も「このALSという病気と向き合っている方がたくさんいらっしゃるので、まずALSという病気を知ってもらうきっかけになれたらと思っていました。ALSと莉乃と向き合うことを毎日考えながら過ごしていました」と胸中を吐露した。

 ベテランの奥田は、「まず題名を見て『10万分の1』、格好いい題だなと思いましたが、父母が亡くなっててALSになる孫と2人暮らしということを知って、私も孫が2人いるものですから、それがオーバーラップしちゃって、台本も読んで参加するべきだと」と出演に至った経緯を告白。そんな奥田に対し、白濱は「奥田さんのことは大好きですし、尊敬もしているので、また共演できると知って喜びました。映画の中で好きなシーンがあって、奥田さんと平さんが黙って2人でオムライスを食べるシーンが感動して泣きました」と語った。

 劇中で孫の莉乃が恋人の蓮を家に連れてくるシーンに絡め、白濱が孫の恋人だったら……と聞かれた奥田は、「こいつが孫の彼氏かよ、孫と付き合わせるか! って(映画の中では)思うんだけど、それが溶けていったんですよ」と交際OKを宣言され、白濱は大喜びだった。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。