神宮寺勇太『anan』初ソロ表紙 巻頭グラビアで“3つの彼の顔”を表現(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

人気グループ・King & Princeの神宮寺勇太が、20日発売のグラビア誌『anan』2296号(マガジンハウス)のソロ表紙&巻頭グラビアに初登場。「ananのソロ表紙は、いつかできたらなと思っていました。こんなに早く、このタイミングで飾らせていただけるとは…。ファンの方々、見てくださる方の期待に応えられるとうれしいです」とコメントを寄せた。

【写真】King & Princeのメンバーが初プロデュースしたケーキ

 特集は、お金事情アンケートや今後に備えて貯めるべきお金など、お金や将来の不安との向き合い方を紹介する「『お金』の教科書」。神宮寺は表紙で「夢中で仕事をしている彼氏と、ふと目が合う瞬間」を表現し、仕事中の一瞬のアイコンタクトをとらえた、品と誠実と、胸キュンがあふれ出る“理想的彼氏”の姿を体現。

 今回のグラビアテーマは“3つの彼の顔”。ドラマの役柄を彷彿とさせるスマートな「働く彼」(オン)、“国民的彼氏”な神宮寺の魅力を発揮した寝癖までキュートな「休日の彼」(オフ)、そして、ちょっと危険な空気が漂う「頂点を狙う彼」(裏の顔)という3つのキャラクター。

 まず「働く彼」は、書類が山積みになったオフィスをイメージした空間で撮影。神宮寺のセクシーさを引き出す、ブラックスーツ、ブラックシャツのコーディネートで、書類に目を通したり、壁にぶち当たって苦悩したり、仕事後にネクタイを外して気だるく寝転んだり…。ご本人のひたむきさも伝わってくるようなシーン。

 「休日の彼」は、ピスタチオカラーのスウェットスタイルで登場。柔らかなミルクベージュの世界で、あくびをしたり、寝癖をいじったり、スウェットで顔を隠したり…と見ている側も癒される、そんなまったりとした空気感が溢れるカットに。

 最後に「頂点を狙う彼」は、見る角度によって色を変える玉虫色のシャツとゴールドアクセサリーを身につけ、妖しい雰囲気が漂うシチュエーションで撮影。“一攫千金を狙う”。そんな姿は、強烈な色気とともに神宮寺から放たれる気品が混ざり合う。陰影が際立つ美しい首元の骨格や、冷たく鋭い視線など、ハマったら抜け出せない妖艶グラビアに仕上がった。

 また、単独初主演となる日本テレビの深夜ドラマ枠・シンドラ『受付のジョー』についての話や、作品にちなみ、神宮寺流おもてなしについてもトークを展開。デビュー5年目を迎えるアイドルとしての現状や、これまでの手応え、周りの期待を冷静に見つめながらも、貪欲に目標に向かっていく熱い想いを語っている。

 特集ではそのほか、お金のシンプルな管理法や、NISA&iDeCo入門、厚切りジェイソンによるお金の哲学インタビューなど、役立つ情報を掲載。「CLOSE UP」では、ドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』で主演を務める山田涼介(Hey! Say! JUMP)と芳根京子のスペシャル対談が実現。『名探偵コナン』短期集中連載vol.1には、降谷零×諸伏景光が登場する。

コメントは受け付けていません。