福田雄一監督「斉木楠雄のΨ難」の核はアメリカ的笑い&天才妻の助言!(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

[映画.com ニュース] 山崎賢人が主演する映画「斉木楠雄のΨ難」のメガホンをとった福田雄一監督が10月19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら

 「フライングハイ」「裸の銃を持つ男」シリーズが大好きだという福田監督は、「子どもの頃からギャグものが好きだった。日本で言えば『ザ・ドリフターズ』の番組や『オレたちひょうきん族』。父親がお笑い番組を見ることを勧めてくれる人だったんです。学校を早退して『お笑いスター誕生!!』を見ろというほど(笑)。笑いの英才教育を受けていた」と述懐。そして「(自作の)笑いは日本だけではなく、世界的なものであってほしいという希望を抱いているんです。ゆくゆくはアメリカで仕事がしたい。『サタデー・ナイト・ライブ』のコントを書きたいんですよね」と展望を話していた。

 「コメディとギャグ・コメディは別物」だという福田監督は「ビリー・ワイルダー監督のようなウェルメイドな笑いは、三谷幸喜さんがやられていますが、日本にはギャグ・コメディをやる人が少ない」と日本映画界を分析。やがて、アメリカのコメディが得意とする“パロディ”を重視していることを明かすと、外国人記者から「(『斉木楠雄のΨ難』の)マラソンのシーンは、バッグス・バニーを想起した」という思わぬ感想が飛び出た。さらに「ムロツヨシはジーン・ワイルダーっぽい」という意見が出ると、福田監督は「嘘ー! 本当に? すごい喜ぶと思いますよ」と破顔した。

 実物を借りたという兵馬俑が一瞬登場するシーンについて言及されると、福田監督は大笑いしながら「ああいうものが、まさにアメリカン・ギャグだと思っている」と回答。「アメリカのギャグ・コメディというのは、一瞬でしかわからないものを惜しげもなく入れてくるんですよ。1個1個切り捨てていくギャグというのは、日本にはあまりないんですよね。そういうテイストのものを積極的にやっていこうとしています」とまくし立てると「僕は日本人の笑いの偏差値は高いと思っています。それはツッコミの視点を持っているから。見ている人がちゃんとわかってくれると信じているので、(兵馬俑のような要素は)果敢に入れていってます」と思いの丈を述べていた。

 さらに自作のキャスティングは「ほぼ妻がやっている」という驚きの秘話を披露。「妻の意見をそのままプロデューサーに伝えるようにしています。意見に逆らった時は、撮影中、辛い思いをすることが多い」「『銀魂』のキャストは、妻の案が80%」「『斉木楠雄のΨ難』では『山崎賢人でいきなさい』と言われました」と振り返ると、さらに「『斉木楠雄のΨ難』の原作を知ったのは、長男が読んでいたから」と暴露した。「(妻は)マネージャーでも業界にいた人でもない、ただの主婦。でも、わりと天才なんです。全ての仕事は妻の指示でやっています(笑)」と語り、爆笑をかっさらっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。