米アマゾン・スタジオのトップがセクハラ疑惑で辞任(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース] セクハラ疑惑の渦中にいるAmazon傘下の映像制作会社アマゾン・スタジオのロイ・プライス社長が辞任したと、ハリウッド・レポーター紙が報じている。

 アマゾン・スタジオは、Amazonプライム・ビデオ向けのオリジナル作品を制作するため、2010年に設立。04年からAmazonのビデオ・オン・デマンド・サービスを担当していたプライス氏が社長を務めていた。

 同社は、「トランスペアレント」「高い城の男」「ボッシュ」「モーツアルト・イン・ジャングル」など話題作を連発し、最近では「世界にひとつのプレイブック」のデビッド・O・ラッセル監督が制作総指揮を務めるロバート・デ・ニーロ&ジュリアン・ムーア共演のタイトル未定ドラマや、「MAD MEN マッドメン」のクリエイターによる新ドラマ「ザ・ロマノフス(原題)」などをワインスタイン・カンパニーから獲得し、注目を集めていた。

 しかし、ワインスタイン・カンパニーの共同設立者ハーベイ・ワインスタインが、長年にわたりセクハラを行っていたとする暴露記事がニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたことをきっかけに、状況が激変。プライス社長自身も、「高い城の男」のプロデューサー、イサ・ハケットに対するセクハラを本人に暴露されたことから、無期限の出勤停止が言い渡されたていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。