米倉涼子、ダイアナ元皇太子妃に「不思議な縁を感じる」 プロジェクトアンバサダー就任(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の米倉涼子が、“ダイアナプロジェクト”プロジェクトアンバサダーに就任。米倉によるナレーションが入った、映画『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)の予告編が解禁となった。

【動画】米倉涼子のナレーション入り映画『スペンサー』予告編

 ダイアナとは、スペンサー伯爵家の令嬢として生まれ、20歳で英国のチャールズ皇太子と結婚すると瞬く間に人気者となった元皇太子妃のこと。世界中で「ダイアナ・フィーバー」を巻き起こし、2人の息子を育て、死の直前まで人道支援活動に心を注いだ。1997年8月31日、彼女が交通事故で亡くなったというニュースは世界中に衝撃を与えた。36歳という短い生涯を駆け抜けた彼女の生き様は世界中の人々に希望と共感を与え、今なお愛され続けている。

 “ダイアナプロジェクト”とは、今秋、ダイアナ元皇太子妃についてのドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』(9月30日公開)と、クリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じアカデミー賞にノミネートを果たした『スペンサー ダイアナの決意』の2作品が日本で相次いで公開されることになり、両作を盛り上げるべく発足したもの。

 そのプロジェクトアンバサダーとして白羽の矢が立ったのが、国内外で活躍する米倉だった。米倉は「ダイアナ元妃のことは昔から好きで、尊敬もしていますので、今回アンバサダーのお話をいただき本当に光栄です。また、別の映画でも、ダイアナ役の吹き替えをやらせていただいたこともあり、彼女への想いが強いのに加え、不思議な縁を感じています」と意気込みを語っている。

 米倉は、『スペンサー ダイアナの決意』予告編でナレーションも担当。「今回、久しぶりに予告編でナレーションもやらせていただきましたが、このナレーションに私の言いたいことは全部詰まっています!」とコメント。精神的に追い詰められながらも、自身の今後の人生を左右する大きな決断をくだした3日間を描いた気高くも切ない、誰も知らない物語。米倉は「私の道は、私が決める」というコピーをダイアナ妃の心情そのままのように決意ある声で表現している。

 2作品のポスターも解禁。まさにダイアナ妃そのもののようなクリステン・スチュワートの表情も美しい『スペンサー ダイアナの決意』。そして、多くのカメラマンに囲まれながらも笑顔のダイアナ妃とは対照的に「彼女を本当に“殺した”のは誰?」というセンセーショナルなコピーの入った、『プリンセス・ダイアナ』。世界で一番愛されたプリンセス、ダイアナの儚(はかな)くも力強い人生を描く2作品が公開する今秋に向けて、米倉のアンバサダーとしての活躍にも期待がふくらむ。

■米倉涼子のアンバサダー就任コメント(全文)

 ダイアナ元妃のことは昔から好きで、尊敬もしていますので、今回アンバサダーのお話をいただき本当に光栄です。

 実は、以前にテレビのドキュメンタリーでダイアナさんの人生を追いかけたことがあり、事故現場や親しかった方々にお話を伺ったこともありました。また、別の映画でも、ダイアナ役の吹き替えをやらせていただいたこともあり、彼女への想いが強いのに加え、不思議な縁を感じています。

 『スペンサー ダイアナの決意』、ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』、どちらにも共通するのは、彼女自身が自分の人生を決めて歩いた、というところだなと思います。

 ダイアナさんの決意には程遠いですが、自分で決めたら自分でやる、という彼女の姿勢に私もとても共感しましたし、その姿に勇気をもらいました。現代の働いている女性の方々、また様々な境遇でがんばっていらっしゃる方々にも共感してもらえるのではないかと思います。

 今回、久しぶりに予告編でナレーションもやらせていただきましたが、このナレーションに私の言いたいことは全部詰まっています!

コメントは受け付けていません。