緒方恵美、少年役の“呪縛”に感謝 声優人生30年…恩人“呪術師”の言葉に使命感(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

芥見下々氏による人気漫画『呪術廻戦』を原作とするアニメシリーズの映画『劇場版 呪術廻戦 0』。ファン待望の劇場版で主人公・乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)役を演じているのは、数々のキャラクターを演じてきた緒方恵美だ。繊細で葛藤しつつも戦いに挑む姿は、緒方ならではのテイストを十分堪能できる。声優人生30年を迎えた今、役者として大切にしていることや、自身の2021年を表す漢字1文字などを聞いてみた。

【動画】迫力のアクションシーンも!見直したくなる映画『呪術廻戦』最新映像

■乙骨は「繊細なキャラクター」 狭いストライクゾーン攻めた役作り

 同作は原作漫画の前日譚である「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」を映画化したもの。キャストが発表された際は大きな反響を呼んだが、原作者・芥見氏の「中性的で、優しさがあった上で、大きな感情の振れ幅・落差もある」というイメージを基に、スタッフ満場一致で乙骨役が決定した。そんな乙骨役について、緒方は当初「“難しい”、“つかめない人”だと思っていました」話すが、なぜそう感じたのだろうか。

 「とても面白くすてきな作品ですが、自分が乙骨憂太をやると考えたとき、人物の起点である『呪われていない彼の素はどういう人か』が、幼少時代の描写を除くとほぼ描かれていなかった」と切り出し、「最後の方では、夏油 傑に『女誑しめ』と言われるくらいの人になっています。そのようなことを言われる人は、素地が元々あったはず…。そこへ自然にいける人格の人はどういう人だったのか?と役作りで悩みました」と当時を振り返る。

 この役に関してはすごく“狭いストライクゾーン”を攻めないといけないと思いましたが、アフレコ前に朴(性厚)監督や藤田(亜紀子)音響監督とキャラクター像を相談させていただき、ある程度絞るところまでは行けたのですが、絞りきるところまでは行けず、『とりあえず、やってみよう!』という形で乙骨を作り上げていきました。繊細なキャラクターでした」と説明する。

【広告】

 

        美顔専門店のフェイシャルケア

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。