自分の居場所がまるわかり 乗車のお供「カーナビ」が普及したワケ(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

東京で働くビジネスマンは十数年前まで、ポケットサイズの地図帳をカバンに入れていました。客先を尋ねる際には、地図帳を片手に目的地へ。しかし、目印になる施設がない住宅地ではよく迷ったものです。

【画像】カーナビ製品「Amazon 売れ筋ベスト5」を見る

 そんな苦労も、2011年にGoogleマップが開発されたことで瞬く間に解消されていきました。

 また、Googleマップを始めとする地図サービスは近隣店舗などの情報を教えてくれるため、目的地に向かう途中で現金自動預払機(ATM)を使ってお金を下ろしたり、買い物もスムーズに行えたりします。

 というわけで、現在は個人が地図や地域の情報を得られるわけですが、その始まりはカーナビゲーション(以下、カーナビ)からでした。

 カーナビの低価格化が始まったのは1994(平成6)年頃からで、普及当初は信じられないような未来感がありました。なにしろ、自分の運転しているクルマの現在地がわかるというシステムが壮大だったからです。

 カーナビやスマートフォンで現在地がわかるのは、人工衛星から得られた情報を使った衛星利用測位システム(GPS)によるもので、もとはアメリカが軍事用に開発しました。

 かつては「民生用のGPSは軍事用より精度を低くしているので誤差がある」という情報を真に受けて、「カーナビは役に立たない」と語っていた人は少なくありませんでしたが、1990年代半ばの時点で既にかなり高い精度となっていました。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。