舞台『タイトル、拒絶』山田佳奈「次の一歩目に向けての作品に」(チケットぴあ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:チケットぴあ

山田佳奈が主催する「□字ック」の第十四回本公演 旗揚げ10周年企画『タイトル、拒絶』が2021年2月に上演される。脚本・演出の山田に話を聞いた。

『タイトル、拒絶』は、2013年に□字ック第六回本公演として初演し、2019年には映画化(2020年11月公開/脚本・監督:山田佳奈、主演:伊藤沙莉)もされた劇団前期代表作だが、旗揚げ10周年企画に本作を選んだ理由を山田は「『タイトル、拒絶』は自分にとって転換期となった作品で。評価もしていただけたし、“エンターテインメント”というものは誰かの人生を一瞬でも変えられる力を持っているんだということを経験した作品になりました。それでそのときに、この作品は大事に温めておこうと思ったんです。それから7年経って、今私は映画監督と演劇の両軸で活動していますが、今回その『タイトル、拒絶』を映画化することになり、公開がちょうど劇団10周年のタイミングだとわかり、演劇でもこの大事な作品をやるべきなんじゃないかと思いました。同じ作品を“映画”と“演劇”という視点で見られる機会をつくりたかった。なぜならそれは自分にしかできないことだと思うから」と語る。

デリヘルの事務所を舞台に、セックスワーカーとして生活をする女性たちがあらがえないものに向かって進んでいく姿を描いた本作。公開中の映画がヒットをしているが、演劇はまた違うものになるという。「そもそも7年前の作品なので、当時とは社会的な背景も違いますし、私自身が当時持っていた“女性”への感情も変わっていますし、そういう意味でも新しい視点でつくりますが、映画は、国際映画祭に出品したということもあり、海外を相当視野に入れたものなんです。日本の性産業って海外からしたら特殊なので、その不思議な部分を集約してつくりました。でも舞台は日本国内で上演するものなので、そういう意識はなく、改めて新作をつくるつもりでいます。ただ、7年前の初演がなければ今こうやって本多劇場という劇場で再演させてもらえることもなかったので、初演に敬意を持って、映画に感謝を持って、つくっていこうと思っています」

□字ックの10周年記念であり、山田一人の新体制となって一作目となる本作。「□字ックはホームである、という意識があります。だけど一人になって背負うものがなくなったぶん、これまでの『□字ックはこうあらねばならない』というところから、自分のやりたいことをやらせてもらえる場になればいいかなと思っています。今作は、次の一歩目に向けての作品でありながら、10周年だからこそできる手管も持って臨みたいです」という公演は2021年2月4日(木)から10日(水)まで、東京・本多劇場にて上演。

文:中川實穂

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。