芸能人の利用者も増加…僕らが半年で“アプリ婚”した理由「コロナ禍で出会いが激減」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

近年、拡大傾向にあるマッチングアプリ市場。先日もタレントの新山千春と交際男性との出会いがアプリだったことが話題になるなど、一般社会だけでなく芸能界にも広がりをみせている。一方でその利用には「どこか不安」「真面目な出会いができなそう」といった否定的な意見も根強くある。マッチングアプリの実態とはどのようなものなのか。実際に“アプリ婚”したカップルと、アプリ運営会社に話しを聞いた。

【写真】『あいのり』桃、“アプリ再婚”した6歳年下イケメン夫とキス寸前のラブラブショット公開

■利用には抵抗なし、一方で年配者には報告しにくい“アプリ婚”

 市場の拡大と利用者の増加がうたわれるマッチングアプリだが、その認知度や印象は、年代によって分かれる。若い世代ほど認知・利用状況ともに高い傾向にあり、高齢になるほどネガティブなイメージが強い。先日、アプリ婚した都内在住の会社員・池田大地さん(仮名・26歳)と会社員・池田裕子さん(仮名・27歳)も、夏に予定している挙式を前に祖父母や親族への説明に悩んでいるという。

「8月に挙式を予定しているんですが、出会いのエピソードをどうしようかなって…。友達や同僚、両親には言えるけど、祖父母や親族にはなんだか言いにくくて…」(裕子さん)

 もともとアプリの利用にまったく抵抗がなかったというふたり。「先輩にすすめられて利用した」という大地さんも、マッチングアプリは身近なサービスで、出会いの選択肢のひとつだと話す。それでも年配の身内に報告しにくいのが現状だ。

 その要因のひとつに、マッチングアプリがトラブルの温床になりやすいという負のイメージが挙げられる。実際、一部の悪徳業者が営業目的のために恋活・婚活マッチングアプリを使っている報告や、プロフィール詐称によるトラブルなども耳にする。お互いに出会うまで、いくつかのアプリを利用していたという大地さんと裕子さんのカップルも被害を口にする。

「学歴詐称していた人と会ったことがあります。公開しているプロフィールで高学歴だったのが印象的だったので、すごいですねって話題にしたら、本人が自ら学歴はウソだと言ったんです。ウソをつくような人は信用できませんから、1回で会うのやめましたね」(裕子さん)

「僕は、明るい女性が好みなんですが、実際に会うと想像以上におしゃべりで、明る過ぎる方が来たこともありましたね(笑)。あと怖かったのが、遠い知り合いの女性が他人を装ってマッチングしてきたことがありました。どうやらどうしても僕に会いたかったみたいで…」(大地さん)

 ふたりとも1歩間違えれば大きなトラブルになりかねないケースだ。そんな状況を恋活・婚活マッチングアプリ『with』の運営会社に問い合わせると「プロフィール詐称はもちろん、本来の目的以外の出会いにサービスを使う利用者は許せません」と担当の望月さんは憤る。しかし、実際問題としてリアルよりもアプリ上の方が嘘をつきやすいのは事実だ。運営側はどのような対策をとっているのだろうか。

コメントは受け付けていません。