藤ヶ谷太輔が“正義病”に、ヘンリック・イプセン「野鴨-Vildanden-」演出は上村聡史(ステージナタリー)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ステージナタリー

藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)が主演を務める「野鴨-Vildanden-」が、9月3日から18日まで東京・世田谷パブリックシアター、21日から25日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで上演される。

ヘンリック・イプセンが1884年に発表した「野鴨」は、納屋を“嘘”、外の世界を“真実”、人間を“野鴨”に例えながら、自己欺瞞によって自らを守ろうとする人間の弱さや、正義を振りかざす愚かさを描いた作品。上村聡史が演出する今回の上演版では、理想を追い求め、真実こそが正義だと信じてやまない“正義病”のグレーゲルス役を藤ヶ谷が演じる。また、グレーゲルスの幼なじみ・ヤルマール役に忍成修吾、ヤルマールの妻・ギーナ役に前田亜季、ヤルマールとギーナの娘・ヘドヴィク役に八幡みゆきがキャスティングされた。そのほかの出演者には伊達暁、吉野実紗、山森大輔、齋藤明里、村上佳、大鷹明良、浅野和之が名を連ねている。

2018年に上演されたシアターコクーン・オンレパートリー2018「そして僕は途方に暮れる」以来、久々にストレートプレイ作品に出演する藤ヶ谷は「お芝居をすること、表現をすることが大好きなので、まずはそういった環境を与えてくださり、チャンスに巡り合えたことが嬉しいです。名作なので、もちろんプレッシャーもありますが、怖がらず飛び込んでいければ、と今は思っています」と心境を明かす。

上村は「『野鴨』は、まさにお芝居の宝石箱のような作品」と紹介しつつ、「“グレーゲルス・ヴェルレ”というキャラクターも中々な人物で、今の時代にもある自粛警察やバッシングにも似た『独善的な正義』を、家族や親友、そして子供にまでふりかざし、三日間の物語時間を暴走します。その暴走は、まさしく心理ホラーといっても過言ではないくらいのスリリングさがあるでしょう。そんなヤバい男を、藤ヶ谷太輔さんと共に創っていくのですが、藤ヶ谷さんの頭の回転の速さ、シャープな立ち姿、クールでありながらもユーモアに満ちた感性におおいに頼らせていただき、ただの“狂気”だけで片付けることのできない、今の私たちの中にある『執念』をしっかりと描いていきたいと思います」と意気込みを語った。

東京公演分のチケット販売は7月23日10:00、兵庫公演分は30日10:00に開始される。

■ 上村聡史コメント
“近代演劇の父”と言われるイプセンの「野鴨」は、わかりやすく組み立てられた筋立てながらも、貧しさの中での幸福の意味や、信念と孤独の葛藤といった現代人にも通じるテーマが明快で、決して古びない物語性を感じます。また登場人物が、ある瞬間かなり大胆な行動を起こすあたりに劇的な魅力があり、それを演じる俳優の醍醐味を想像すると一層の面白さがあります。そしてその姿は、儚くも見えれば、笑えてしまうような場面が多々あり、「野鴨」は、まさにお芝居の宝石箱のような作品です。イプセンが140年程前に創作した“グレーゲルス・ヴェルレ”というキャラクターも中々な人物で、今の時代にもある自粛警察やバッシングにも似た「独善的な正義」を、家族や親友、そして子供にまでふりかざし、三日間の物語時間を暴走します。その暴走は、まさしく心理ホラーといっても過言ではないくらいのスリリングさがあるでしょう。そんなヤバい男を、藤ヶ谷太輔さんと共に創っていくのですが、藤ヶ谷さんの頭の回転の速さ、シャープな立ち姿、クールでありながらもユーモアに満ちた感性におおいに頼らせていただき、ただの“狂気”だけで片付けることのできない、今の私たちの中にある「執念」をしっかりと描いていきたいと思います。

■ 藤ヶ谷太輔コメント
お芝居をすること、表現をすることが大好きなので、まずはそういった環境を与えてくださり、チャンスに巡り合えたことが嬉しいです。名作なので、もちろんプレッシャーもありますが、怖がらず飛び込んでいければ、と今は思っています。

僕が演じるグレーゲルスは、“正義病”と言われるくらい正義感が強く、それが裏目に出てしまう役でもあります。彼の信じる正義が物語に大きく関わるのですが、きっと観てくださるお客さまもどこか他人事とは思えないと感じていただけるはずです。演出の上村さんは、以前作品を拝見したことがあり、空間の使い方や言葉の届け方がとても素敵な印象がございます。また、上村さんと一緒にお仕事をしたことがあるA.B.C-Zの河合郁人くんからは、お芝居を一緒に考えてくださる演出家さんだと伺いました。僕も先日お会いして色々とお話させていただく中で、すでにもう信頼を置いています。

この作品は、「真実」「嘘」「正義」がキーワードで、現代に通ずることがたくさんあります。お客さま自身にも観て、感じて、考えていただけることがたくさんあると思いますので、僕もしっかりそれを演じ届けられるように頑張ります。ぜひ、劇場にいらしてください。

■ 「野鴨-Vildanden-」
2022年9月3日(土)~18日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

2022年9月21日(水)~25日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

作:ヘンリック・イプセン
訳:原千代海  
演出:上村聡史
出演:藤ヶ谷太輔、忍成修吾、前田亜季、八幡みゆき / 伊達暁、吉野実紗、山森大輔、齋藤明里、村上佳 / 大鷹明良、浅野和之

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。