藤原竜也、剛力彩芽&宮川大輔の“最後の3食”に共感しきり「これほど考えさせられる企画だったとは…」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優・藤原竜也が、1月3日放送のフジテレビ特番『最後の日なに食べる?』(深0:40~1:40)に出演。「あなたの“最後の日”、なにを食べますか?」と問いかけ、その1日に密着するドキュメンタリーバラエティー番組で、剛力彩芽と宮川大輔の“最後の3食”を見届け、藤原は「感動しました。大変すばらしい番組でした。これほど考えさせられる企画だったとは…」と振り返る。

【写真】プライベートの食事をとる剛力彩芽「いただきます」

 番組冒頭、「何も知らないまま、ここに座らされた」と笑う藤原に、スタッフが番組企画を説明。すると、「“最後、何を食べるか?”は、何十回、何百回と考えたことがあります。誰しもが一度は考えたことがあるんじゃないかな」と興味を示し、スタッフが「藤原さん“グルメ”ですよね?」と聞くと、「間違いないです! 僕、めんどくさいですよ。1食にかける思いが強いんです」と自己分析。

 番組で密着する剛力については、藤原は「おいしそうな食事をたくさん知ってそう」と印象を語り、豪華料理が続々登場するのではと予想するが、朝食からまさかの品をセレクトする姿に「意外!」と反応も、やがて「確かにね…」と共感に変わる。昼食は、剛力が出演したドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(2011年)時代から通い続ける店で、メニューにはないスペシャル料理が登場。さらに夕食は京都へ行き、「仕事場でのお母さん的存在」と慕う人物を招待するなど、剛力がプライベートの素顔を披露する。

 一方、世界中の「うまい」を知り尽くしたと言っても過言ではない宮川は、収録当日の朝になっても“最後の3食”を決められず、「ラーメンもいいし、きちんとした服に着替えていくようなお店もいい」と悩む。これに藤原は「お店に行くために服を考えることは、芝居を見に行くことと似ていると思う。特別感がいいですよね」と同調するが、宮川が朝食の決断をするや「趣旨と違う!」とブーイング。一方、すし屋で宮川が不意に手を止めて「これが最後だと思うと…」と涙を浮かべ、女将さんもホロリとなると、藤原は「店に通うことは、“会いたい人がいる”ということでもあるんですよね。いい関係」と共感。夕食では、宮川が衝撃の衣装で登場し、「お金がない時期に、奥さんに支えてもらったりして…」と本音を吐露する。

 2人の姿に、藤原は「“最後の3食”を考えることは、人生を振り返ることになって、いろいろな人への感謝や思い出がよみがえってくるんですね。食には人生が表れるんだなと思いました」としみじみ。また、「おいしそうな食事ばかりだったので、今度は密着される側で出演したいです(笑)」と語った。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。