藤原紀香、憧れは久本雅美「姉さんのように年齢を重ねていきたい」 夫・愛之助も絶賛の舞台で“大阪凱旋”(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の藤原紀香(50)が19日、舞台『毒薬と老嬢』大阪松竹座公演の初日を迎え、上演後にW主演の久本雅美(63)とアフタートークを行った。藤原は「自身初の大阪松竹座の舞台に立ててものすごくうれしい」と、関西弁を交えて喜びにひたった。

【前進ショット】真っ青な西洋ドレス姿を披露した藤原紀香

 1941年に米ブロードウェイで初演され、同地や英ウエストエンドでロングランを記録した傑作戯曲を、関西弁に脚色して描く。老姉妹アビー(久本)とマーサ(藤原)がふるまう“ぼけ酒”によって巻き起こるストーリー。関西出身の主演2人が、関西弁のせりふ回しで楽しませる。

 大阪の芝居の聖地・大阪松竹座のステージを噛みしめ、藤原は「故郷の言葉を使って舞台に立つのは初めて」としみじみ語り、「50にして夢が一つかなった」と晴れやか。また、共演の久本“姉さん”と漫才さながらのボケ・ツッコミトークを披露し、「姉さんのように年齢を重ねていきたい」と尊敬の眼差しを送った。

 夫の片岡愛之助(50)も3月の東京・新橋演舞場公演を観劇し、藤原は「とにかくチームワークが良いのが伝わってきておもしろかった」と称賛されたことを明かした。愛之助からLINEで連絡をもらった久本は、そのやりとりに「2人のラブラブぶりにただ私を使っているだけ!」と笑わせた。

 演出は錦織一清(56)が手がけ、安楽死や高齢化社会への風刺を含んだブラックコメディーを届ける。錦織について、藤原は「めちゃくちゃスターが光ってる」と表現し、「(演技の)見本をバッバッバッと見せてくれて、『出はったら?』と思う。いつか一緒に舞台に立ちたい」と希望していた。同所で24日に千秋楽を迎える。


コメントは受け付けていません。