足立梨花&小沢真珠の悪女対決! 劇団員による愛欲・愛憎ドロドロ劇「悪女のすべて」7月放送(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

足立梨花と小沢真珠が、BS松竹東急の土曜放送・連続ドラマ第2弾「悪女のすべて」でドラマ初共演を果たすことがわかった。

【フォトギャラリー】「昼ドラの懐かしさ」×「令和の新しさ」の融合「悪女のすべて」場面写真

 本作は、かつての「昼ドラ」を連想させるような「愛欲・愛憎ドロドロ劇」を少々過剰なまでに取り入れ、「劇団ママたち」という新しさを加えた新感覚ドラマ。「噂の女」での“悪女っぷり”が話題になった足立。主演を務める本作では、悪女にいじめられ、やがて悪女になっていくという役どころだ。共演の小沢は、「牡丹と薔薇」以来、連続ドラマでは約18年ぶりの悪女役を演じる。

 舞台は、田舎の石丸村。来年、有名監督による大規模な映画撮影が行われることになった。そして、そのヒロイン(=イケメン俳優の相手役)に町内で生まれ育った女優を抜てきするという名目で、謎の指導者・百合園凛子(小沢)がやってきた。石丸村には、唯一の劇団「そよかぜ」がある。主人公・久美(足立)もその一員だった。久美をはじめ、趣味程度で仲良くやっていた劇団員たちだが、百合園に奮い立たされ、徐々にお互いをライバル視し、争うように。その争いには、演劇の実力のみならず、狭い村での人間関係や女としてのプライドも絡み合っていく。

 「悪女のすべて」のメイン脚本家は、「艶∞ポリス」主宰の岸本鮎佳。そのほか、ニシオカ・ト・ニール(劇団「カミナリフラッシュバックス」主宰)、 國吉咲貴(劇団「くによし組」主宰)も執筆。7月2日から、BS松竹東急にて、毎週土曜日午後11時放送(全13話/各話30分)。足立、小沢、篠原任成プロデューサーのコメントは以下の通り。

【足立梨花(玉野久美役)】

 (本作の出演が決まっての率直な感想は)正直な話、大丈夫なのかと…笑。

 いろんなタイプの悪女を演じさせていただいたこともありますが、これはまた変わっていまして。悪女とはなんなのか。そして私の体力はもつのか!笑

 楽しみながら演じたいと思います。

 あと、とにかく劇中劇が大変!

 今自分はなにを演じていてなにをしているのかわからなくなるときがあります。そして叫びすぎてみんなの喉がもつのか!笑

 とにかくみんなが元気に終わることを目標にしております。

 (初共演する小沢さんは)オーラがすごい!

 小沢さんにしかできない百合園先生になっていて毎日のようにびびり倒してます。役柄のこともあり、まだお話しておりません。最後までにお話することができるのか…笑

 女のドロドロを楽しんでみていただけると嬉しいです。

 どんな結末が待っているのか。

 最後までわからないと思います!

 お楽しみに。

【小沢真珠(百合園凛子役)】

 いままでやらせて頂いた悪女とはまたちょっと違うタイプの悪女をやらせて頂くので、悪女を演じることへの新たな挑戦になると思いました。かなりの体力と精神力が必要なので気合いを入れて頑張ろうと思っています。

 台本を読んだ時にうっすら感じた、“百合園は実はいい人なんじゃないか”という思いが、演じているうちに少しずつ確信に変わっていて、確実にわたしが百合園のことを好きになっています。

 このまま演じる私自身が百合園に愛を持って演じていこうと思っています。

 それが結果的に周りの人を怖がらせることになるかな、と思っています。

 (初共演する足立さんは)イメージ通りの気さくで明るい方という印象です。

 芝居ではバチバチですが、カメラがまわっていない時の時間が楽しみです。

 かなり長い時間をご一緒することになると思うので。

 今まで演じたことのない悪女を皆さんにお見せできるよう日々テンション高く頑張りますので、皆さん是非ご覧ください。

【篠原任成(BS松竹東急 制作局 プロデューサー)】

 主演に足立梨花さん。その足立さんをジワジワ追い詰める小沢真珠さんと、タイトルの“悪女のすべて”に相応しく、出てくる女性キャストはみんな悪女。また本作は3名の脚本家が入っていますが、その脚本家もみんな女性。制作過程のアイデア出しで出てくる女同士の蹴落とし合いや復讐方法など女性が描く悪女がこんなにも恐ろしいとはと、思いながら作った作品です。誰が味方で、誰が敵なのか。毎話繰り広げられる女と女のドロドロの争いを楽しんでもらえればと思います。

コメントは受け付けていません。