近藤春菜『悪女(わる)』で優秀なエンジニア役「楽しんでいただけるよう、頑張ります!」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が、13日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜 後10:00)に出演することが決定した。近藤は、第1話から登場する川端光(かわばた・ひかり)を演じる。

【写真】“正体不明の王子様”を演じる向井理

 1997年まで『BE・LOVE』(講談社)で連載していた、深見じゅん氏原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな田中麻理鈴(今田美桜)が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメントを描く。

 毎話部署を転々とする中、出会う社員の問題を解決していく麻理鈴。近藤演じる川端は、鈴木伸之演じる小野忠の同期で、巨大IT企業オウミのサイト『Oh!Mix』などを手掛ける優秀なエンジニア。男性ばかりの職場で、目立たないように、女性らしい服装を控えていたが、次第に男性的で機能的な服装を好むようになった。

 男尊女卑の感覚をいまだに持っている小野忠の考え方に、違和感は覚えているものの、特に意見を言うことなく、自分の仕事さえうまくいけばいいと波風を立てないタイプだ。しかし、麻理鈴と出会い「フェミニストはテロリストって言われるから気をつけな」と発言したことから、「男らしさ」「女らしさ」に関して、チーム内の分裂を起こしてしまう…。

 近藤は「今回、台本を読んで、どこかに、私の演じる川端光のような人がいるかもしれない。その人の代弁が少しでもできれば、と思いました。私は今の職業が大好きで働くことに誇りと感謝を持っています。見た方が働くことについて、今一度考えるきっかけになるよう、楽しんでいただけるよう、頑張ります!」と意気込みを語っている。

コメントは受け付けていません。