都内高級ホテルの「長期宿泊プラン」はインバウンド減の逆境に風穴を開けるか(アーバン ライフ メトロ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

帝国ホテル東京(千代田区内幸町)が2021年2月1日、帝国ホテルサービスアパートメントとして「30連泊36万円~」(サービス料・税込み)という長期滞在型宿泊プランを打ち出し、大きな話題となりました。

【調査データ】コロナ禍で話題 「ワーケーション」の効果を見る

 タワー館の客室3フロアの一部を、99室のサービスアパートメントとして改修。アメニティーの提供は到着日のみ、リネンの交換は1週間に3回と通常のホテルステイよりも簡素化したサービスですが、専属サービスアテンダントによる24時間対応のサービスや、ランドリーサービスやルームサービスをサブスクリプションで提供するなど、ホテルならではのサービスが受けられます。同プランは3月15日からの稼働ですが、人気が高く、7月15日まではすでに完売しました(2月28日時点)

 大都市の老舗高級ホテルでは、長期滞在プランが相次いで提供されています。

 ホテルニューオータニ(同区紀尾井町)では2020年、都民還元キャンペーン「STAY TOKYO+EAT TOKYO~食べて泊まって、東京で過ごす夏~」で、6連泊・室料半額にミールクーポンが付く破格のプランを出しましたが、2021年も2月15日から6月30日まで、「新・スーパーTOKYOCATION」として朝・昼・夕3食付き長期滞在プランを提供しています。価格は30泊75万円~(サービス料・税込み)で、こちらは1滞在につき、人数分のアメニティーが用意され、ランドリーサービスは無料。エステティックなど館内施設の優待券も付きます。

 また、京王プラザホテル(新宿区西新宿)では「“暮らす”@theHOTEL」プランとして2月22日から5月15日まで30連泊21万円~(サービス料・税込み)の朝食付き長期滞在プランを用意。コストパフォーマンスが非常によいこともあり、販売を開始してすぐにすべてのプランが完売しました。

 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜市)では12月30日まで「マンスリーステイプラン」として、31連泊15万円(サービス料・税込み)の破格プランまで出しています。7~8月分はすでに完売。9月以降の利用分は、6月1日からの予約受付となっています。そのほかにも類似したプランを提供するホテルが増えています。

【広告】


コメントは受け付けていません。