銀座にお目見え チョーヤ渾身の梅パフェは、なぜ1日「11杯限定」なのか(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

梅酒といったらチョーヤ梅酒(大阪府羽曳野市)の製品を思い浮かべる人が多いのは、当然と言えば当然かもしれません。

【画像】チョーヤ梅酒「銀座BAR」で楽しめる梅酒カクテル(4枚)

 同社は1914(大正3)年の創業以来、106年の歴史を誇る老舗。酸味料や香料を使うメーカーもある中で、同社は梅と酒と砂糖だけを原料に1年以上じっくり熟成させる製法が特長の、梅酒の国内シェア3割を誇るトップメーカーです。

 同社の梅酒をより楽しめる店舗の展開にも力を入れていて、2019年11月には「The CHOYA 銀座 BAR」を中央区銀座に、2020年6月には体験型専門店「蝶矢(ちょうや)」第2号店を神奈川県鎌倉市にそれぞれオープンさせています。

 その銀座BARには2020年11月1日(日)から、梅をふんだんに使ったパフェがお目見えする予定。

 縦長のパフェグラスに盛られた真っ白いムースは、梅ミルクで作ったというエスプーマ。その上にフローズンの完熟南高梅がのせられて、華やかな見た目はSNS映えにもぴったりの予感。

 同店のオープン1周年を祝う晴れの限定販売。しかし提供するのは1日11杯だけで、しかも完全予約制なのだと言います。

 記念のメニューとしては、少々物足りない数のように感じますが、一体なぜなのでしょう。理由はその「数字」に隠されていました。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。