“顔面凶器”小沢仁志が高校球児役&里崎智也が映画初出演 映画『野球部に花束を』追加キャスト(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

「ドラフトキング」「べー革」など、多くの傑作野球マンガを発表し、話題を呼んでいるクロマツテツロウの漫画を、醍醐虎汰朗、黒羽麻璃央らの出演で実写化した映画『野球部に花束を』(8月11日公開)に、“Vシネマの帝王”、“顔面凶器”の異名を持つ小沢仁志が、まさかの高校球児として出演していることがわかった。解禁となった超特報映像では制服姿を見ることができる。

【動画】小沢仁志が制服姿で登場する超特報

 古い倫理観や理不尽が蔓延っていた暗黒の時代昭和・平成を経て、個人の尊厳が守られ自由で解放的な令和になった!はずが、コンプライアンス全無視の鬼監督と後輩を奴隷のように扱う先輩部員たちで構成された野球部には、時代錯誤なんて関係ないと言わんばかりの、圧倒的理不尽で全く自由ではない実態が…。不思議と、どの世代でも思わず「あるある」とうなずきたくなる共感度120%の青春エンターテイメント。

 監督・脚本は 『荒川アンダーザブリッジ』 で林遣都、『虹色デイズ』 で佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、長野五輪スキージャンプ競技を題材にした『ヒノマルソウル』では、眞栄田郷敦ら若手俳優のブレイクのきっかけを作ってきた飯塚健。

 既報の主人公の黒田鉄平(くろだ・てっぺい)役の醍醐。チームメイトの桧垣主圭(ひがき・きみよし)役の黒羽、さらに、どう見ても堅気に見えない、コンプライアンス全無視の野球部の監督である、原田監督役の高嶋政宏(※高ははしごだか)に続いて、今回発表されたキャストは小沢のほか、以下のとおり。

 黒田と桧垣の1年生部員役に、映画『決戦は日曜日』などに出演した駒木根隆介、ドラマ『クローン ベイビー』で初主演を務め、数多くの漫画の実写映画化作品に出演する市川知宏、そして『斉木楠雄のψ難』や『今日から俺は!!劇場版』などに出演した三浦健人。野球部あるある解説役で、元プロ野球選手で現在は解説者として活躍しながらYouTubeチャンネルも人気の里崎智也が抜てきされた。

 解禁となった超特報映像のナレーションは、YouTubeチャンネル“里崎チャンネル”の進行役を務めるフリーアナウンサーの袴田彩会が担当している。Youtubeで里崎と絶妙な掛け合いを見せる女房役・袴田の好リード(ナレーション)にも注目だ。

 また、ティザービジュアルには、主人公の黒田が、入学前に思い描いていた、ロン毛の茶髪でモテモテな高校デビューという夢をあきらめ、坊主頭に汗を流しながらどこか憂いを帯びた表情で笑う様子と、厳しい部活生活に勤しむ野球部員たちの姿が「メジャーリーグよ! これが日本の野球部だ!」というコピーとともに切り取られている。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。