首都圏に「子育てファミリー向け施設」が増え始めている社会的事情(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

コロナ禍による全国一斉臨時休校、在宅勤務などで、家族の時間が増え、絆が改めて深まりました。皆さんも家族で一緒に遊ぶ機会が増えたのではないでしょうか。

【画像】最新の子連れファミリー向け施設を見る(13枚)

 しかし、まだまだ遠くに外出をするのは心配ですが、週末や休暇には家族で遊びに行きたいと考える人も多いことでしょう。近年は近場や日帰りで気軽に行けるところに、小さい子ども連れで楽しめるスポットが次々にオープンしているのです。

 2020年6月には「GREEN SPRINGS」(立川市緑町)内に、絵とことばがテーマの美術館「PLAY! MUSEUM」と、子どものための屋内遊び場「PLAY! PARK」から成る複合文化施設「PLAY!」がオープンしました。

 美術館では、企画展として12月29日(火)まで絵本を手掛けるクリエーティブユニットの「tupera tupera(ツペラツペラ)のかおてん.」、1月9日からはがまくんとかえるくん誕生50周年記念「アーノルド・ローベル」展を開催します。

 常設展は「エリック・カール はらぺこあおむし 遊ぶための本」。絵本をおもちゃに見立て、「くぐる」「きく」「うごかす」「みつける」など10の遊び方に分けて参加体験型に紹介。ミュージアムの上層階にある遊び場には白くて柔らかい素材でできている「大きなお皿・小さなお皿」があり、その上で子どもたちが遊ぶことができます。

 現在は大型遊具「バルーンモンスター」が設置されています。その他にもワークショップを行う「ファクトリー」「ギャラリー」「スタジオ」「シアター」「ライブラリー」「キッチン」(新型コロナ対策で現在中止)など合わせて七つのエリアから構成され、大人も一緒に楽しめます。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。