2020年は“タイBL”ブーム!「SOTUS」ほか人気ドラマ原作の翻訳小説・マンガ出版へ KADOKAWAにて(アニメ!アニメ!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アニメ!アニメ!

KADOKAWAより、『SOTUS』などのタイBLドラマ原作の日本語訳版小説やコミカライズ版が2021年1月より順次発売されることが決定。あわせて、タイBL情報を発信する公式Twitterアカウントも開設された。

【フォト】『SOTUS』のコミカライズ版キャラデザをみる

2020年、突如巻き起こったタイBLブーム。2016年のドラマ『SOTUS』(GMMTV制作)がYouTubeを通じて世界で視聴され、3月頃からSNSを通じて話題に。日本でも一気に人気が高まった。

KADOKAWAでは、人気ドラマと、これから放送予定のドラマ原作の日本語訳版小説、原作準拠のコミカライズを発売する。
第1弾は、11月より動画配信サービスWeTVにて人気俳優主演でドラマ配信予定の『Manner of Death』の原作日本語訳版小説(2021年1月20日発売予定)、いまなおファンを広げ続ける人気作『SOTUS』のコミカライズ(来春連載開始予定)がラインナップ。

『SOTUS』日本語版コミカライズ作画者・慧によるメイン2人のキャラクターデザインも発表された。

今後のタイBL刊行物に関する情報は、Twitterの「KADOKAWAタイBL公式」アカウントにて発表される。

●「Manner of Death」(原作:Sammon)
日本語訳版原作小説:2021年1月20日(水)発売予定
コミカライズ:単話配信にて来春連載開始予定

● 「SOTUS」(原作:BitterSweet)
コミカライズ:WEB雑誌「電子版CIEL」にて来春連載開始予定

●「The Red Thread」(原作:LazySheep)※ドラマ「Until We Meet Again」原作
日本語訳版原作小説:来春発売予定
コミカライズ:WEB雑誌「電子版CIEL」にて連載開始予定

●「A Tale of Thousand Stars」(著:Bacteria)
日本語訳版原作小説:来春発売予定

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。