300年前が舞台のシリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ』が8月5日よりDisney+で独占配信決定 予告&キービジュアルが解禁(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

1987年の第1作以来、クロスオーバーを含め全6作が製作された人気シリーズ「プレデター」。その最新作となる映画『プレデター:ザ・プレイ』が、2022年8月5日(金)よりDisney+の「スター」にて独占配信される。
これまで現代や近未来での戦いを描いてきた「プレデター」シリーズだが、本作の舞台となるのは300年前のアメリカ。ネイティブアメリカン最強の部族の戦士・ナルを主人公に、“生きるために狩りをする人類”と“狩りをするために生きるプレデター”との最初の戦いが描かれるという。

「プレデター:ザ・プレイ」画像・動画ギャラリー

配信決定にあわせて、主人公のナルとプレデターとの遭遇が見られる予告編が公開された。映像の前半では、ナルが川で獲物をむさぼる野生のクマを狙うも、クマから反撃に遭い、万事休すというところで目に見えない謎の存在が現れ、クマを殺し持ち去ってゆくという一連のアクションが描かれる。作品のタイトルを示唆するかのごとく、「捕食者(プレデター)」と「獲物(プレイ)」の関係性が二転三転するところがおもしろい。
本作の監督を務めるのは『10 クローバーフィールド・レーン』のダン・トラクテンバーグ。彼は『ザ・ボーイズ』や『ブラック・ミラー』といったドラマシリーズにも携わっている。主人公のナルを演じるのは、自身もネイティブアメリカンの血を引くアンバー・ミッドサンダー。このたび公開された以下のキービジュアルも、ミッドサンダーの決然とした表情をフィーチャーしたデザインとなっているが、その右目にはアイコニックな3つの赤い光点が映っている。

映画『プレデター:ザ・プレイ』は2022年8月5日(金)よりDisney+の「スター」にて独占配信。米国ではHuluでの配信だが、日本でも本国と同日から視聴可能となる。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。