46年続く夏フェア『新潮文庫の100冊』今年も開催 新聞広告に仕掛けも(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

1976年から続く夏のフェア『新潮文庫の100冊』が、今年も行われる。中高生、大学生など若い読者に向けて古今の名作傑作を100点選定し、7月・8月の2ヶ月間、全国の書店店頭で展開している(地域や書店により異なる)。

【画像】新聞広告にも仕掛けが隠されている

 今年も強力な新刊や話題の既刊が勢ぞろいで、バラエティーに富んだラインナップになっており、スペシャルな新聞広告などで紹介するプロモーションも展開。毎年大好評の「#キュンタ大作戦」キャンペーンや、大人気の「プレミアムカバー」など、楽しい話題が盛りだくさんとなっている。

 毎年話題を呼ぶ「新潮文庫の100冊」フェアの新聞広告が、今年も掲載。「この夏、100冊を読む100の理由。」をテーマに、読書好きに楽しんでもらえる仕掛けになっている。種明かしは特設サイトに掲載している。

 プレゼントキャンペーン「#キュンタ大作戦」では、フェア開催中の全国書店で「新潮文庫の100冊」から、どれでも1冊買うと「ステンドグラスしおり」をプレゼントします。さらに購入した本と「ステンドグラスしおり」を一緒に撮影し、「#キュンタ」のハッシュタグとともにインスタグラムかツイッターに投稿すると、抽選で100人に「純金キュンタしおり」が当たる(※「ステンドグラスしおり」はなくなり次第終了する)。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。