80年代ドラマの傑作『男女7人夏物語』で一躍有名に 江東区「清澄」の歴史をたどる(アーバン ライフ メトロ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

隅田川にかかる橋の中でも勝どき橋と並ぶ美しい橋として知られるのが、1928(昭和3)年完成の清洲橋です。

【80年代TVドラマ ランキング】ふぞろいの林檎たち、西部警察……『男女7人夏物語』は何位だった?

 当時の深川区「清」住町と日本橋区中「州」を結んでいたことからこの名前が付けられ、『断腸亭日乗』『ぼく東綺譚(「ぼく」はさんずいに「墨」)』で知られる小説家・永井荷風の作品にも取り上げられています。

 しかし、そんな清洲橋が最も注目された作品といえば『男女7人夏物語』で、TBS系で1986(昭和61)年7月から放送され、最高視聴率31%を獲得したトレンディードラマの元祖といわれています。

 この番組で明石家さんまと大竹しのぶが出会ったり、石井明美の歌う『CHA-CHA-CHA』が大ヒットしたりと、『男女7人夏物語』は語るべき要素の多い作品です。また明石家さんまの演じる主人公・今井良介のマンションが日本橋中洲に、大竹しのぶの演じる神崎桃子のマンションが清澄にあるという設定でした。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。