ENHYPEN「Tamed-Dashed」で初の爽やかコンセプト ダンスポイントは“仰ぎダンス”(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

7人組グローバルボーイズグループ・ENHYPENが12日、1stスタジオアルバム『DIMENSION : DILEMMA』の発売を記念したメディアショーケースを開催した。

【写真】タイトル曲「Tamed-Dashed」を披露したENHYPEN ソロショットも

 今回のカムバックにJUNGWONは「初のスタジオアルバムが本日公開されます。皆さんご声援お願いします」と呼びかけ、JAYは「6ヶ月ぶりにカムバックすることになり緊張していますし、ワクワクしています」、SUNGHOONは「準備する中、新しいステージをお見せしたかったです」と抱負を語った。SUNOOは「より素敵なステージをお見せするためにたくさん準備しました、ご期待ください」とファンにメッセージした。

 1stスタジオアルバム『DIMENSION : DILEMMA』についてJUNGWONは「多次元的な世界に足を踏み入れた少年たちが、初めて自分の欲望を知ることになり、アイデンティティが混乱していきます。どんなことも簡単に選択することができないジレンマに陥りますが、立ち止まらずに前に進んでいくという物語です」と説明。「ENHYPENとして実力的にも一層成長した姿をお見せしたいと思いながらも、時には個人の時間が必要でもありました。このような自分たちの複合的な感情も含まれています」とENHYPENの意見も盛り込まれていることを明かした。

 3つのコンセプト「SCYLLA」「CHARYBDIS」「ODYSSEUS」にJAYは「『SCYLLA』が一番好きです。水中で撮影するシーンがあり、何度も撮影に挑戦し、いいものができたと思います」と紹介。SUNGHOONは「『ODYSSEUS』が好きです。自然光と海、日の出がとても美しくて、僕たち7人の自然な姿が収められていると思います」と見どころを語った。

 計8曲が収録される初のスタジオアルバムについてHEESEUNGは「最善を尽くして準備しました。成長した姿をお見せし、より素敵なステージをお見せできるということでワクワクしていますし、楽しみです」とアピール。

 今回、タイトル曲「Tamed-Dashed」では初めて爽やかなコンセプトにも挑戦。SUNGHOONは「これまでやってきた曲より明るい曲なので驚きました」、SUNOOは「以前の曲と違う雰囲気だったので新しい僕たちの姿をお見せできそう」と期待を寄せた。また、準備する中で気をつけた点についてJAKEは「新しい姿をお見せするために表情演技を頑張りました」と努力ポイントも明かした。

 パフォーマンスポイントについてJAYは「キレキレダンスに爽やかさが加わった“ノンストップ爽やかパフォーマンス”です。スクラムを組むところから始まり、実際にラグビーボールも使用し、スポーティーでエネルギッシュな雰囲気を感じられると思います」と伝え、ダンスポイントに関してNI-KIは「最初はキックオフダンスから始まります。もうひとつは“仰ぎダンス”です。Summerという歌詞に合わせて仰ぐ動作をします」と実際に動作も披露。「難しくなくて覚えやすいので真似して踊ってください」と呼びかけた。

 実際のラグビーボールをパフォーマンスで使用している点についてJAKEは「オーストラリアで学生の頃、ラグビーをやっていたので、うれしかったですし、うまくできそうだと思いました」と自信を見せ、NI-KIは「ボールを使ったパフォーマンスがとても新鮮で強いインパクトを与えられると思いました」とアピールした。

 SUNGHOONはミュージックビデオ(MV)の見どころについて「海を背景にみんなでダンスを踊るシーンがポイントです」と説明。また、JUNGWONは「撮影が終わってから海に入って遊びました。それがとても思い出に残っています。またセットにとてもこだわっているので注目してほしいです」と撮影エピソードも明かした。

 ENHYPENは1stスタジオアルバム『DIMENSION : DILEMMA』で約6ヶ月ぶりにカムバックする。きょう12日午後6時にタイトル曲「Tamed-Dashed」を公開、午後7時からはカムバックショー「ENHYPEN COMEBACK SHOW “DIMENSION : DILEMMA”」が放送される。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。