JYP×PSY最終決戦で“先輩”Stray Kids、ヒョナと共演 2グループ誕生の瞬間を字幕付きで(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

『Nizi Project』で話題を呼んだ「JYPエンターテインメント」代表のパク・ジニョン(J.Y. Park)と、「江南スタイル」が世界的にヒットしたアーティストで「P NATION」代表のPSYが争奪戦を繰り広げ、2つのグループを誕生させる韓国の次世代ボーイズグループ発掘オーディション『LOUD』(全15話)。映像配信サービスdTVではクライマックスの第13話を10日午前7時、デビューメンバーを発表する第14話および最終回の第15話は、11日午後6時から『dTV「LOUD」最終回 生配信 ~#14・#15イッキ見SP~』として2話連続配信する。

【写真42点】ケイジュがウインク&指ハートでかわいさ爆発 第9~14話名場面集

 このオーディションではJYPから1組、P NATIONから1組のボーイズグループが誕生する。ここまで勝ち残った参加者たちがどちらの事務所に所属するかは決定しており、第12話からスタートした最終章は3週にわたる「生放送ラウンド」(第6~8ラウンド、韓国では第8ラウンドまで放送済み)に突入した。

 ここからは1話につき3戦が行われ、第12話(第6ラウンド)では「この日に懸けている」とド派手なステージを用意したPSY率いるP NATION勢が3戦全勝。J.Y. Park率いるアイドル事務所の老舗JYPエンターテイメントが完敗を喫する衝撃の結果となり、これによってJYPから2人、P NATIONから1人が脱落した。

 10日午前7時に配信がスタートする第13話(第7ラウンド)では、米ビルボードチャートの人気曲を披露する「ビルボードミッション」、学校をテーマにした「コンセプトミッション」、女性グループの曲を披露する「ガールズグループミッション」の3戦が行われる。

 中でも注目は、日本人参加者がいるユニット同士の対戦となった「ガールズグループミッション」。アマル(15)とケイジュ(14)の2人の日本人が所属するJYPチームはRed Velvetの「Peek-a-Boo」をチョイス。跳ねるようなリズムとかわいらしい曲調が特徴のこの曲で、「小さな人形」をコンセプトにしたパフォーマンスを披露する。

 ソロダンスも披露したケイジュは、持ち前のかわいらしさの中にもあふれるエネルギッシュさを表現。PSYは「最初に選曲を聞いたとき、男性のチームでうまく表現できるのか不安に思いましたが、舞台全体の企画力が圧倒的で、ボーイズグループの曲のようでした」と難しいコンセプトを完璧にこなした参加者たちとJ.Y. Parkの企画力を称える。

 一方、P NATIONチームは日本でも大ヒットした少女時代の「Run Devil Run」を選曲。HIP HOP色の強いP NATION流の編曲でダークに生まれ変わった「Run Devil Run」では、天才クランプダンサー・コウキ(12)が提案したヴァンパイア風の振付を冒頭に採り入れ、カリスマ性あふれるステージを披露する。J.Y. ParkはこれまでのP NATIONのパフォーマンスの中で「1番」と評価し、「ダンスに一体感があり、まるで1人の人間のように見えました」とチーム力を称賛した。3つの対戦終了後には、視聴者による生投票の結果と脱落者が発表される。

 そしてついに、生放送ラウンドファイナルの第14話(第8ラウンド)が11日午後6時から日本語字幕付きで配信される。事前にファン投票で挙がった曲を披露する「ファン推薦曲ミッション」、日本人参加者アマルが美しい歌声を響かせた「レトロK-POPミッション」、そして各事務所の先輩アーティストとのコラボステージが繰り広げられる。

 コラボステージでは、P NATIONのゲストとしてヒョナ(元Wonder Girls、4minute)が登場。かつて、PSYの世界的ヒット曲「江南スタイル」のMVにも出演した経験豊富なパフォーマンスクイーンのヒョナは、自身の最新ヒット曲「I’m Not Cool」で参加者たちとコラボする。原曲の持つ中毒性の高いリズムを、よりエネルギッシュに再編曲した楽曲でP NATIONのパワフルな事務所カラーを表現し、圧巻のパフォーマンスで沸かせる。

 JYPのゲストは、8人組ボーイズグループ・Stray Kidsのバンチャン、チャンビン、ハンの3人からなる「3RACHA」。セルフプロデュースグループの中核を担う3人が自ら再編曲した「Back Door」には、ステージ後に後輩となるかもしれない参加者たちへの熱いメッセージを込めたラップパートを追加。かつて一緒にデビューを目指した元JYP練習生・ゲフンとのコラボも感動を呼ぶステージを披露した。

 そして、最後の脱落者が発表となり、ついにデビューメンバーを発表。才能豊かな天才・鬼才少年たちがしのぎを削ってきた「LOUD」から2つのグループが誕生する。

 dTVでは、このデビューメンバー発表が行われる第14話と、最終回の第15話を『dTV「LOUD」最終回 生配信 ~#14・#15イッキ見SP~』として、11日午後6時から2話連続配信。既に韓国で放送が終わっている第14話は日本語字幕付き、そして、日韓同時生配信となる第15話は字幕なし、ノーカットで届ける。第15話ではチームを超えたコラボレーション、そして、両グループのタイトル曲の発表など、スペシャルなステージが予定されている。

■dTV「LOUD」最終回 生配信 ~#14・#15イッキ見SP~
配信日:9月11日(土)
開場 午後6時/開演 午後6時30分(予定)
出演:古家正亨/朝日奈央
※この番組は通常の配信と異なり、規定時刻から1回限り視聴できる配信形態
※第14話のアーカイブ配信は9月16日~、第15話のアーカイブ配信は9月23日~となり、これ以降は通常どおりいつでも視聴できる

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。