K-POPグループ・ONEUS、2年ぶりの日本活動再開に期待「コロナ禍で大切なものを探すことができた」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

2019年に日本デビューし、いきなりTOP5入りした韓国の男性6人組グループ・ONEUS(ワンアス)。デビューから勢いに乗るなかで訪れたコロナ禍。活動が制限されるなか、どのような想いでこの2年間を過ごしたのだろうか。先日、米国公演を終え、2年ぶりの日本公演を行った彼らが、コロナ禍の心境や世界的な人気を得ているK-POPシーンについて語った。

【写真】真っ直ぐに見つめるシオン…イケメン揃いのONEUSメンバー

◆コロナ禍で活動が制限されたなかでも、大切なものを探すことができた

 多くのK-POPグループが日本で隆盛を誇っていた2010年代後半。そのクールかつキュートなダンスパフォーマンスやキャッチーな楽曲で若い世代を惹きつけ、頻繁に開催されたライブやリリースイベント、握手会などファンとの交流の場は常に盛況を呈していた。そんなK-POPシーンで華々しいデビューを飾ったONEUSは、2019年の韓国デビュー前となる2018年7月に日本でお披露目イベントを開催し、いきなり都内のホール会場を埋め尽くす人気ぶりを見せた。デビューシングル「Twilight」はオリコン週間シングルランキング4位、続く「808」は同3位と、一躍トップシーンに駆け上がった。

 デビューから勢いに乗り、まさにこれからというタイミングでコロナ禍となり、活動制限されることになった彼ら。メンバーのレイブンはそのときの言いようのない想いとやるせなさを思い起こしながら、「日常だった音楽活動が突然できなくなって呆然となるなか、日本のファンの皆から手紙やメッセージをたくさんいただきました」と振り返る。そして、「活動が制限されたなかでも、その時間でとても大切なものを探すことができました。ファンとメンバーの間にこれまで以上の愛情や温かみが生まれたと思います」とポジティブに前を向く。

 そんな彼らは、ようやくコロナの制限が解除され始めた4月末にいち早く来日。約2年ぶりとなる単独での日本ライブとリリースイベントを4~5月に開催した。しかし、コロナにより2020年からは韓国国内の新曲リリースやテレビ出演、オンラインのイベントが主な活動となり、日本を含めた海外活動はストップしていたなか、久々に日本ファンの前に立つことには、さまざまな思いが駆け巡ったようだ。

「日本のファンに2年間会えなくて、皆を本当に恋しく思っていました。やっと会うことができて心からうれしいです。僕たちの2年分の成長を早く見てもらいたい。ずっと会いたい気持ちでいっぱいでした」(ファンウン)

「以前はよく来日していたのですが、コロナ禍で2年間の空白ができてしまいました。その時間は本当に長くて。その間の心の空白を埋めるような熱い気持ちのこもったライブにしたいと思っていました」(レイブン)

コメントは受け付けていません。