PS5の品薄状態を受け、ソニーが当初の予定よりPS4の生産増を決定したとの報道(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

世界的に続くPS5の品薄に対応するため、ソニーは当初の予定よりPS4の生産量を増やす決定を下したと報道されている。「供給不足を埋めることでPlayStationからのゲーマー離れを防ぐ」ことが狙いだ。
Bloombergの報道によると、当初「2021年末でPS4の製造を終了する」予定であったソニーは現在、提携している製造業者に対し、2022年中はPS4を生産する計画であることを伝えているという。
コロナ禍の影響で発生し、多くの技術分野に多大な影響を与えている世界的な半導体不足によってPS5の製造が落ち込んでいる状況を補うため、今回の戦略では追加で約100万台のPS4を生産する予定だ。

「PlayStation 4」画像・動画ギャラリー

この数字は需要に基づいて調整されるものと思われるが、今回の決断に至った理由は、「旧型コンソールでは必要とされる高度な半導体が少なく、PS5と比べて製造方法が簡単で予算の負担が少ない」ためだという。
匿名で取材に応じたソニー職員によると、今回の戦略は「供給不足を埋めることでPlayStationからのゲーマー離れを防ぐ」ことが狙いだという。
さらに、PS4の生産量増加によって、ソニーには「製造パートナー企業とよりよい契約交渉をする余地が生まれる」ものと見られる。
ソニーはBloombergに対して、PS4の生産は2022年を通して続く見通しだと認めたが、旧型機種の製造中止を計画していたことは否定した。

PlayStationについてもっと詳しく知りたい人は、PS5のベストゲーム TOP 10をチェックしてみよう。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。