WANDSが語る、現在と過去を繋ぐ第5期初のアルバム(Rolling Stone Japan)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

WANDS第5期が始動して早1年。今年1月に約21年ぶりとなるシングル『真っ赤なLip』で幕を開けると、ラジオやテレビなど多くのメディアが彼らを取り上げた。

WANDS第5期

さらに最新シングル『抱き寄せ 高まる 君の体温と共に』は、オリコン週間シングルランキング(6月1日付)で初登場3位 を記録。リリース毎に着実に評価と期待を上げていったWANDSが、10月28日に約21年ぶりとなるアルバム『BURN THE SECRET』をリリースする。今作は第5期になって発表したシングル2枚はもちろんのこと、「Secret Night ~ It’s My Treat ~」、「明日もし君が壊れても」、「もっと強く抱きしめたなら」、「世界中の誰よりきっと」と名曲のセルフカバーも収録されている。3人はどのような思いでアルバムを完成させたのか。そして、これから彼らが向かっていく未来について話を聞いた。

ーWANDS第5期が始動した当初、「これからどうなっていくのか、まだ分からない」と言ってましたよね。あれから約1年が経ったわけですけど、振り返っていかがでしょうか。

上原大史(Vo.以下、上原):んー……。まだ何もわからないというか(笑)。周りの方以上に自分たちが一番わかってないんですよね。ファンの方々とか「再始動してどうなるんだろう?」とか「どんな感じだろう」って、色々とクエスチョンマークが浮かんでいたと思うんです。僕ら自身も右も左も分からないまま、とにかく楽曲制作をしたり、目の前にあることをこなしていって。そんな探り探り進めていった1年でしたね。

柴崎浩(Gt.以下、柴崎):そうだね。このメンバーでやるのは去年11月からのスタートだったので、WANDSではありつつも、新人バンドのような心持ちがあって。アルバムを出したことで、ようやくバンドとして1つ、ことをやり遂げた感覚は多少ありますけど。上原が言ったように、割と目の前のことを少しずつ進めていった感じですかね。

木村真也(Key.以下、木村):うん。強いて言えば、年下の上原くんが僕らにタメっぽい感じで接してくれるようになったし、お互いがどんな人間なのか分かり合える時間だったんじゃないかなと思いますね。

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。