Zoom会議中に下半身露出でマスターベーション、停職処分の米作家は「不運」なのか?(Rolling Stone Japan)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

雑誌『ニューヨーカー』のライターでCNNにもレギュラー出演しているリーガルアナリスト、ジェフリー・トゥービン氏が、Zoomでの打ち合わせ中に下半身を露出し、停職処分になった。

【画像】ポルノではなく芸術、世界の官能映画30選(写真30点)

情報サイトViceの記事によると、トゥービン氏はジェイン・メイヤー氏やデクスター・フィルキンス氏といった専属記者をはじめとするニューヨーカー誌の精鋭らとZoomで選挙報道をシミュレーションしていた。その最中に(明らかに無意識に)カメラに向かって下半身を露出し、自慰行為に及んでいたという(トゥービン氏は後に「カメラがオフになっていると思っていた」と語っている)。

「“オッカムの剃刀” というように[訳注:物事は簡潔にとらえ、やたら難しく考えるべきではないという格言]、技術的エラーとパンデミック、判断ミスと不運が重なったために恥をさらしてしまった者には、同情、礼節、赦しの心で応じるべきだろう」。アトランティック紙の専属記者コナー・フリーダースドルフ氏はこうツイートした。CNNのブライアン・ステルター氏も、トゥービンは「大統領選挙を控えた大事な時期に降ろされてしまった」と同情気味に苦々しいツイートを投稿した(だが理論上は、CNNにはトゥービンの変わりを務められるコメンテーターはごまんといる)。すでに削除されてしまっているが、Voxのジャーマン・ロペス記者も「ほとんど全員がやっていることをたまたま見つかったからと言って、果たして全国ニュースで晒すべきだろうか」とツイートした。さらに彼はトゥービン氏に対するメディアの対応を、誰彼かまわず刑務所にぶち込む投獄問題に暗になぞらえた。

もちろん、こうした理屈はどこからどう見ても問題だ。著名な戦場記者デクスター・フィルキンス氏を交えたビデオ会議中に快楽にふけることは、「ほとんど全員がやっている」部類には当てはまらない。たしかにリモートワークにより、在宅中に快楽にふけることは以前よりも簡単にできるようになったし、従業員のストレス解消法としては決して珍しいわけでもない。

動画パフォーマー兼テレフォンセックスオペレーター兼作家のジェシー・セイジ氏は我々の取材に応じ、トゥービン事件に対する反応に驚いている、と語った。「私がチャットする時はこんなことしょっちゅうです。皆さんが騒ぎ立てるほど卑猥でもないと思います」と彼女は言った。「(勤務中にマスターベーションする人は)退屈で、孤独を感じているんだと思いますよ」。だが、ランチタイムにムラムラして、同僚たちと会話しながら行為に及ぶのとはまるきり話が違う。トゥービン氏が会議中に自分を律することができなかったことは、結局は同僚への敬意の欠如と過剰な優遇地位の表れだ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。